神奈川区版 掲載号:2014年6月26日号 エリアトップへ

民児協と新聞店が協定 青木第二の見守り活動で

社会

掲載号:2014年6月26日号

  • LINE
  • hatena
協定書を手にする三藤会長(右)と清水店長
協定書を手にする三藤会長(右)と清水店長

 青木第二地区民生委員児童委員協議会(三藤久司会長)と読売新聞YC反町(清水宏礼店長)が6月18日、はーと友神奈川で「地域見守り活動」に関する協定を結んだ。

 新聞がたまっていることに気付いたYC反町の配達員が5月27日、同様の協定を締結していた三ツ沢地区民児協に通報したことがきっかけ。現場が青木第二地区だったことから、両者を知る区社会福祉協議会を通じて協定を締結することになった。

 民生委員児童委員は、支援が必要な人の身近な相談相手として地域で活動している。一方、配達員は異変に気付くケースがある。そこで、今回の協定書には、新聞購読者の異変に気付いた際に、担当民生委員に連絡できることが盛り込まれた。

 三藤会長は「これまで以上の見守り活動ができるはずだ」と喜び、清水店長は「ルートができたので、何かあれば積極的に地域に協力していきたい」と話した。

神奈川区版のローカルニュース最新6

市、早期給付へ体制強化

【Web限定記事】特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 社会

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

駅に懐かしの伝言板

【Web限定記事】

駅に懐かしの伝言板 社会

「閉塞感を和らげたい」

5月28日号

区作連にマスク寄贈

神奈川RC

区作連にマスク寄贈 社会

5月28日号

疫病退散のアマビエ展

疫病退散のアマビエ展 文化

六角橋 あけ/たて

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

「近所でも距離保って」

【Web限定記事】

「近所でも距離保って」 社会

六角橋西町、住民に注意喚起

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日12:57更新

  • あっとほーむデスク

    5月18日19:51更新

  • あっとほーむデスク

    5月11日19:51更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク