神奈川区版 掲載号:2014年7月24日号

白楽在住飯島さん

弁護士とバスケを両立

プロリーグに参戦中

事務所のドアより高い飯島さん
事務所のドアより高い飯島さん
 白楽在住で「横浜西口法律事務所」所長の飯島俊(たかし)さん(35)が、7月12日に開幕した3人制バスケットボールリーグ「3×3(スリーバイスリー)PREMIER.EXE」でプロ選手として参戦。「日本一背の高い弁護士」と言われる197cmの長身を武器に、六法全書をボールに持ち替え日本一を目指している。

 飯島さんは青山学院大学法科大学院卒業。川崎総合法律事務所を経て、2009年から鶴屋町に自身の事務所を構え、弁護士として活躍している。その一方で、プロバスケ選手としての顔も持つ。

197cmの長身が武器

 藤沢市に本拠地を置く「SUNS.EXE」に所属。5人制プロバスケ選手や、飯島さん同様に本職のある選手5人とともに活動している。197cmの長身を生かしたゴール下での勝負や、遠いポジションからのシュート力が強みだ。

 出身は磯子区杉田。幼稚園時代から背が高く、少年野球をやっていたものの「この体はバスケで生かすべき」と、中・高でバスケ部に所属。神奈川大学を卒業後、法科大学院を経て28歳で弁護士デビューし、現在は大学時代の仲間らとクラブチーム「HARBOR」でプレーしている。そこでの活躍が評価され、晴れてプロ選手の仲間入りを果たしたが、「ちゃんと弁護士の仕事をやっているのかと疑われそう」と苦笑い。普段は「法廷」が戦いの場で、遺言・相続などが得意分野。2児のパパでもあり、毎朝長女を区内の学校へ送ってから、事務所までフラワー緑道を通って出勤するのが日課だという。

 12日の初戦は6位に終わった。「全く点をとることができず、チームに貢献できなかった。2戦目からは点をとって、優勝したい」と闘志を燃やす。

 3×3は、10分一本で争われる。コートの大きさが5人制バスケの半分で、スピード感あふれる試合が展開されるため、近年世界中で人気を博している。

 初の公式リーグとして今月開幕したPREMIER.EXEは、9月までの3カ月間、国内主要都市で6大会を開催。各大会でリーグ所属7チームと開催地元枠1チームによるトーナメント戦を行い、総合優勝を決める。8月31日には、横浜赤レンガ倉庫で第4戦となる横浜大会が行われる。

トレッサ横浜

大切な人に思いを伝えよう。ハートDays開催!

http://www.tressa-yokohama.jp/

<PR>

神奈川区版のトップニュース最新6件

刷新3年遅れ、費用3倍に

横浜市ホームページ

刷新3年遅れ、費用3倍に

1月19日号

大口台小が優秀校に

全国健康づくり推進学校表彰

大口台小が優秀校に

1月19日号

長島氏が出馬を表明

横浜市長選

長島氏が出馬を表明

1月12日号

区制90周年ロゴ決定

観光ツアー  1000通り準備

黒岩知事インタビュー

観光ツアー 1000通り準備

1月5日号

つながり育む区政を

関連記事(ベータ版)

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「焼物を通じて何を現わせるか」

フェイアートギャラリー

「焼物を通じて何を現わせるか」

1月26日まで高垣篤 陶展

1月15日~1月26日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク