神奈川区版 掲載号:2014年7月31日号 エリアトップへ

学童くらぶ「まぁはす」の代表として子どもたちの居場所づくりに尽力する 河崎 敦子さん 二本榎在住 46歳

掲載号:2014年7月31日号

  • LINE
  • hatena

笑顔がトレードマーク

 ○…「夏休みは毎日がトライアルです」。六角橋にプレオープンした放課後児童クラブ「まぁはす」を運営する女性企業家。9月の正式開所に向けてスタッフと共に奔走する毎日を送っている。クラブ名の由来は「Make a Happy Smile(みんな笑顔になろうよ)」。満面の笑みを浮かべながら、「豊かな心と生き抜く力を育むためには、体験することで得られる『自活力』が大切なんです」と力説する。

 ○…富山県生まれ、茨城県鹿嶋市で育った。好奇心旺盛な性格。野山を駆け巡り、自分で遊びを創り出すような女の子だった。小学校4年の時に平塚市へ。中学・高校時代はテニス部で汗を流した。高校の先輩の影響を受け、短大在学中に1年間アメリカ留学を決行。「初めは言葉が通じなくて辛かった。人生の中で一番勉強したかもしれない」。親の勧めで短大卒業前に秘書検定を取得。外資系企業に就職し、秘書デビューを果たした。

 ○…秘書は常に冷静でなければならない。上司からも「白鳥のように振る舞え」と指導された。優雅に見える白鳥も、水面下では一生懸命に泳いでいる。「当時はあまり分からなかったが、今はよく分かる」。ボスは外国人。相手の国の文化を学べる一方で、日本の文化についても再発見できた。「何でもチャレンジさせてくれる良い会社だった」

 ○…眺めが気に入り、14年前から区内で暮らしている。地域とは子ども会役員を通じて関わってきた。再就職後は、海外営業部門や人事部門に携わった。心理や教育などを学び「人の生かし方」に注力。その手腕を買われ人事部長にも抜擢された。しかし、子どもの高校進学を機に独立を決意。1年前に、これまでの知識や経験をまとめた「自活力プログラム」を考案した。「誰にでも得意分野はある。何をしたら良いのか分からなければ、どんどん旅(体験)をしたらいい」とまた笑った。

神奈川区版の人物風土記最新6

江連 れいこさん

区内の短歌サークル「青海波」に所属し、全国の名だたる短歌大会で上位入賞を果たしている

江連 れいこさん

横浜市在住 54歳

2月25日号

木澤 尚文さん

ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから1位指名を受けた慶応大の投手

木澤 尚文さん

日吉在住 22歳

2月18日号

小野 和伸さん

100年間受け継がれる「節分追儺式」を執り行った、笠䅣稲荷神社の宮司

小野 和伸さん

東神奈川在住 58歳

2月11日号

長谷川 秀樹さん

創立70周年を迎えた「神奈川防火防災協会」の会長を務める

長谷川 秀樹さん

神奈川本町在住 60歳

2月4日号

杉山 紀子さん

約1600人の会員で構成される横浜市歯科医師会の会長を務める

杉山 紀子さん

栄区在住 65歳

1月28日号

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:27更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク