神奈川区版 掲載号:2014年7月31日号 エリアトップへ

日中韓作家 「砂の彫刻展」 迫力の砂像出現

掲載号:2014年7月31日号

  • LINE
  • hatena

 横浜初の日本・中国・韓国の作家による「砂の彫刻展」(夏期)が8月31日まで、中区本町6丁目(北仲通南地区)を会場に開催されている。午前11時から午後9時まで。入場料は1200円(前売千円)、中学生以下は600円(同500円)。9月1日から秋期も開催。

 この彫刻展は、横浜市と泉州市(中国)・光州市(韓国)の三都市が交流し、文化芸術による発展を目指す「東アジア文化都市」事業の一環。鳥取砂丘の砂を使用し、日中韓をはじめ世界の砂像彫刻家たちが制作。芸術プロデューサーには日本で数少ないプロ砂像彫刻家・茶圓勝彦を迎える。

 会場では、ミニ砂像づくりなどのワークショップ(有料)や、日中韓の料理が楽しめる飲食スペースも。彫刻展の詳細は事務局【電話】045・681・3734。

チケットプレゼント

 5組10人を招待。希望者はハガキに〒住所、氏名、年齢、紙面の感想を明記、〒231-0033横浜市中区長者町2の5の14・2階、タウンニュース中央支社「砂の彫刻展」係へ。8月11日必着。

神奈川区版のローカルニュース最新6

地産キャベツなど販売

地産キャベツなど販売 社会

神奈川地区センで23日

4月15日号

「命と医療守り、経済を再生」

「命と医療守り、経済を再生」 社会

林市長インタビュー

4月15日号

コロナ対応の事業者支援

IDEC横浜

コロナ対応の事業者支援 経済

補助金などの制度説明

4月15日号

世界的ピアニストが演奏

かなっくホール

世界的ピアニストが演奏 文化

子ども・初心者向けに

4月15日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 経済

最大2割のポイント還元

4月15日号

陽性者累計1342人に 横浜市神奈川区

【Web限定記事】新型コロナ

陽性者累計1342人に 横浜市神奈川区 社会

4月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter