神奈川区版 掲載号:2014年10月30日号 エリアトップへ

東横フラワー緑道を活用したイベント「反町駅前フェスタ」の実行委員長を務める 斉藤 隆さん 二ツ谷町在住 56歳

掲載号:2014年10月30日号

  • LINE
  • hatena

一隅(たんまち)を照らす仕掛け人

 ○…11月22日、東横線反町駅の上を通る東横フラワー緑道を会場に「反町駅前フェスタ」が開催される。10月25日にはプレイベントが行われ、多くの地域住民らで賑わった。「いつもと違う緑道を見て、小さい子が目を輝かせている姿を見たよ」と笑みがこぼれる。11月の企画内容はまだまとまっていないが、「トンネルの中でワインバーを作ったり、商店街の各店舗が参加できるような企画を考えたい」と意気込む。

 ○…反町駅前通り商店街でクリーニング店を営む。これまで目玉イベントがなかった同商店街。「緑道を活用して何かできないか」と考えを巡らせていたとき、国の商店街活性化の補助金事業を知り、歯車が動き出した。さっそく「反町周辺と商店街の活性化」を目指して地元町内会とタッグを組み、行政に緑道の活用実現を打診。プレイベント開催を目前に了解が得られた。「初めてにしてはうまくいった」とほっとした表情を見せる。

 ○…実家の二ツ谷町に今も住む。緑道が整備される前、東横線が地上を走っていた少年時代。町内会では、野球チームで白球を追いかけ、みんなでキャンプにも出かけた。そんな思い出が「大人になったら子どもたちに思い出を作りたい」という地元愛を育んだ。自身の母校である、二ツ谷小と栗田谷中で「おやじの会」を立ち上げたり、町内の子どもたち向けイベントも企画した。モットーは最澄が残した『一隅を照らす』。「この町で光を照らす人間になれれば」と話す。

 ○…中学1年のとき柔道で市3位、高校生では異例となる剣道三段に合格、大学ヨット部では葉山で一年中練習に明け暮れるなどスポーツ万能。「休みができたら、娘をスキーに連れて行ってあげたい」と目じりを下げる。緑道を活用した地域と商店街の活性化。トンネルの向こう、鶴屋町では再開発が進む。「目指すは、同じ各駅停車駅である『第二の代官山』です」

神奈川区版の人物風土記最新6

瀨井 恒之さん

片倉うさぎ山公園あそび場管理運営委員会の代表を務める

瀨井 恒之さん

片倉在住 67歳

12月2日号

千葉 龍聖さん

神奈川大学2年生で「キャンドルナイト」の実行委員長を務める

千葉 龍聖さん

六角橋在学 20歳

11月25日号

萩谷 秀人さん

斎藤分南部町内会の会長を務める

萩谷 秀人さん

斎藤分町在住 40歳

11月18日号

高山 健二さん

片倉うさぎ山公園で撮影した子どもたちの写真展を初開催する

高山 健二さん

三ツ沢上町在住 72歳

11月11日号

樺澤 弘子さん

「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰を受賞した打越公園愛護会の会長

樺澤 弘子さん

新子安在住 76歳

11月4日号

會田(あいた) 瑞樹さん

神奈川区民文化センターかなっくホールで10月30日にソロリサイタルを行う

會田(あいた) 瑞樹さん

東京都在住 32歳

10月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook