神奈川区版 掲載号:2014年12月4日号 エリアトップへ

菅田地区社協 全国大会で優良活動表彰 定年退職者の派遣事業で

社会

掲載号:2014年12月4日号

  • LINE
  • hatena
メダルと表彰状を手にする河原会長
メダルと表彰状を手にする河原会長

 菅田地区社会福祉協議会(河原史郎会長=今号人物風土記で紹介)が11月21日、日比谷公会堂で開催された平成26年度全国福祉大会で優良活動表彰を受賞した。最も評価されたのは、定年退職者らが地域の困りごとを解決する仕組み「菅田安心ボランティア」だ。

 菅田地区は、区内の他地区と比べて高齢者の独居や夫婦だけの世帯が多く、日常生活での支援を必要とする世帯が多い。そこで、同地区社協では数年前から、「ご近所づきあい」のような住民同士の力で共助していくシステムの構築を模索していた。

 2011年11月、菅田地域ケアプラザで初のボランティア講座を開講。区役所や地区連合自治会の支援を受け翌年9月、同地区社協とケアプラザが他地区に先駆け「菅田安心ボランティア」を立ち上げた。発足メンバーには、在宅支援者としての基礎を学んだ定年退職者ら14人の受講者が名乗りを上げた。

昨年1年間で73件

 現在はボランティアが25人に増加し、高齢者や体の不自由な人などの生活上の困りごとを解決している。昨年1年間に73件。半数以上が「庭の手入れ」だった。材料費と手間賃程度で依頼できるが、プロではないので、大掛かりな作業については専門業者を紹介するという。

 また、同地区社協では昨年から「住民支え合いマップ作り」にも取り組むなど、以前から活発だった見守り活動をより深めている。さらに、この支え合いマップの「ご近所」の単位である50世帯を目安に、憩いの場「青空サロン」の立ち上げも順次進めている。

市内で唯一

 そうした日頃の活動が評価され、市内の252地区社協の中で唯一、全国社会福祉大会の場で表彰された。河原会長は「横浜市を代表してこのような名誉ある表彰を受けることができ、身が引き締まる思いです。今後も菅田地区の福祉推進にむけて全力で取り組んでいきたい」と喜んでいた。

神奈川区版のトップニュース最新6

学生日本一を目指す

区内在住小清水さん

学生日本一を目指す 社会

ミス・ユニバーシティへ

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月12日号

文科大臣表彰を受賞

神奈川図書館

文科大臣表彰を受賞 社会

子どもの読書活動の推進で

5月5日号

園児向けの防災教材制作

神奈川区

園児向けの防災教材制作 教育

横市大との連携事業で

5月5日号

地域の交流拠点が誕生

子安台

地域の交流拠点が誕生 社会

空き家の活用で

4月28日号

柔道日本一へ挑戦

朝飛道場出身尾方さん

柔道日本一へ挑戦 スポーツ

県内から唯一の出場

4月28日号

あっとほーむデスク

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

  • 12月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook