神奈川区版 掲載号:2014年12月4日号 エリアトップへ

菅田地区社会福祉協議会の会長として全国社会福祉大会で表彰された 河原 史郎さん 菅田町在住 72歳

掲載号:2014年12月4日号

  • LINE
  • hatena

義理人情の行動派

 ○…「現役を引退しても、まだまだ活躍の場はある」。定年退職者が元気に散歩している姿に違和感を覚える一方で、区民生委員協議会の会長としてボランティアの必要性も痛感していた。そこで、地域ケアプラザを受け皿に、シニアの地域デビューを通じて地域の困りごとを解決する「菅田安心ボランティア」を発足。この取り組みが、市内252地区社協の中で唯一、今年度の全国大会で表彰された。「これまでの苦労が吹っ飛んだ。今後の活力にしたい」と喜ぶ。

 ○…戦国時代から続く18代目、生粋の菅田っ子だ。戦後、岸根公園は進駐軍の射撃訓練場となった。「薬きょうを車輪に加工して鉄道模型を作っていた」。池上小に入学したころは1学年1クラス。バスが通り、市営住宅が建設されて様相が一変した。卒業時には、児童数が2倍に。そして、長く地域が協力して行っていた川や道路の整備を、行政が担うことになった。「あの時から、自分たちが汗をかいて地域を良くすることを忘れてしまったのかもしれない」と嘆く。

 ○…横浜翠嵐高校では剣道部に所属。厳しくも愛情ある顧問に薫陶を受けた。物理の先生の影響を受け東京理科大へ。理化学研究所に就職したが、本社移転が決まり、妙蓮寺の特定郵便局長に転身。引退するまでトップセールスに励み、保険事業では大臣表彰を受けるほどの好成績を残した。

 ○…長男・長女に恵まれ、孫2人も近くに住む。地域活動は小学校のPTA会長でスタート。その後、青少年指導員や菅田神明社の奉賛会役員などを歴任。様々な肩書の名刺を手にしながら、「義理と人情で生きてきたから、頼まれたら断れない」と笑う。趣味は刀剣の収集。剣舞・詩吟は南朝神州流三段の腕前だ。「今回の受賞を機に、後進に道を譲りたい」と話すが、「介護保険制度が変わるので、在宅介護を地域で担えるシステムも作ってみたい」とアイデアは尽きない。

神奈川区版の人物風土記最新6

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

栄町在住 36歳

5月19日号

藤沢 直樹さん

神奈川消防署長に就任した

藤沢 直樹さん

保土ケ谷区在住 57歳

5月12日号

小熊 誠さん

神奈川大学の学長に就任した

小熊 誠さん

南区在住 67歳

4月28日号

北出 貴祥さん

大口通商店街協同組合の理事長に就任する

北出 貴祥さん

大口通在住 58歳

4月21日号

冨田 達也さん

神奈川区民文化センター「かなっくホール」の館長に就任した

冨田 達也さん

東神奈川在勤 63歳

4月14日号

渡来 美響さん

4月12日に行われるボクシングのプロデビュー戦に挑む

渡来 美響さん

神大寺在住 23歳

4月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook