神奈川区版 掲載号:2015年3月19日号 エリアトップへ

手作り豆腐で64年 老舗「いづみや」閉店へ

社会

掲載号:2015年3月19日号

  • LINE
  • hatena
仲見世通りで一際目を引く「うまいとうふ」の幟。大豆がぎゅっと詰まった手作り豆腐は箸で掴めるほどの弾力がある
仲見世通りで一際目を引く「うまいとうふ」の幟。大豆がぎゅっと詰まった手作り豆腐は箸で掴めるほどの弾力がある

 味噌汁、冷奴、肉豆腐など、日本の食卓には欠かせない「豆腐」。かつては区内にも行商人が鳴らすラッパの音色が聞こえると、夕飯の支度に忙しい女性たちがざるを持って買い出しに集まってくる風景があった。時代は流れ、スーパーなどの量販店で安価で手に入るようになった今日、町内や商店街に豆腐屋の姿が消えつつある。

 1951年創業、反町と六角橋に店を構える『いづみや豆腐店』もその一つ。商店街にある六角橋店には、豆腐や厚揚げ、がんもが並ぶショーケースに”3月末で閉店”との張り紙。常連客から「店閉めちゃうの」と聞かれ、店主の三橋美和さんは一言「はい」と答えて豆腐を袋に詰めた。「売上が落ちたということもあるが、年齢的にも潮時だと社長が判断した」と閉店の理由を明かした。

最盛期は一日1千丁

 創業当時から変わらぬ同店の手作り豆腐は、大豆がぎゅっと詰まった濃厚で食べ応えのある昔ながらの豆腐。買いに来るのはほとんどリピーターで「若い人は全然来ない」という。

 最盛期には一日1千丁を作り、区内外の小学校給食を通じて子どもたちの成長を支えた。現在も鶴見区内の3校で食べられているが、一日300丁ほどに減っている。三橋さんは「作り手である私たちも、もう二度とこの豆腐を食べられなくなる」と、言葉をかみしめた。

 現在、横浜豆腐商工業協同組合に加盟している区内の豆腐屋は同店含め9店舗。六角橋で小林屋豆腐店を営む、県豆腐油揚商工組合の鈴木紫郎理事長は「豆腐屋は休みがなく厳しい仕事。子どもに苦労させまいと店を継がせなかったという店も多い」と話す。最も多かった1965年頃は約40店舗が営業していたという。
 

神奈川区版のローカルニュース最新6

神奈川大拠点に集団接種

神奈川大拠点に集団接種 社会

区内教育機関にも

9月16日号

山中市長、IR誘致撤回を宣言

【Web限定記事】

山中市長、IR誘致撤回を宣言 社会

横浜市会本会議で所信表明

9月16日号

夜間接種22日から

新型コロナワクチン 神奈川公会堂

夜間接種22日から 社会

9月16日号

野毛大道芸 今年は屋内で

野毛大道芸 今年は屋内で 文化

14組出場、2会場で実施

9月16日号

狂言・ダンスで「兵士の物語」

狂言・ダンスで「兵士の物語」 文化

かなっくホールで10月13日

9月16日号

更生保護活動 支援で感謝状

神福協ら

更生保護活動 支援で感謝状 社会

法務大臣らから

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook