神奈川区版 掲載号:2015年3月26日号 エリアトップへ

商店街かめ太郎ラリー 応募者増も課題残る 本紙アンケートで明らかに

社会

掲載号:2015年3月26日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川区内にある商店街の魅力発信を目的に、区が昨年度からスタートさせた「商店街かめ太郎ラリー」。今年度の実施結果を受け、本紙では参加店にアンケートを実施した。実施内容の改善効果もあり、前回に比べ景品の応募者数は5・5倍に増えたが、準備や宣伝不足などの課題も浮き彫りとなった。

 この企画は、区内25商店街にある対象店舗に行ってシールを集めて応募すると、地元企業のグッズなどが抽選でもらえるという内容。商店街の魅力発信と足を運ぶきっかけ作りを目的に実施された。

 昨年度が応募者わずか82人だったことを受け、担当する地域振興課は当初予算110万円以上をかけ、ラリー方式を大幅リニューアル。地図に参加店舗を記したマップから、商店街や店舗をより詳しく紹介する冊子に変更。また、スタンプ方式からシール方式に変更するなどし、11月から1月までの3カ月間実施した。

「再訪客できた」

 結果、当初同課が目標としていた500人には届かなかったが、昨年度の5・5倍増となる450人が応募。応募者からは「知らないお店に足を運ぶきっかけになった」などの声があり、嶋野雄一担当係長は「お店に行くイメージを掴む冊子にした点で、狙いどおりだった」と総括した。これを受け、本紙は参加店舗36店にアンケート調査を実施。回答した31店のうち14店が実施内容を評価し、「ラリー終了後も当店を利用してくれている」といった喜びの声が寄せられた。

「宣伝不足」の声も

 一方で、16店は「売上につながっていない」と回答。1商店街につき1〜2店しか紹介されていないため「店の数を増やしてほしい」「店同士が協力できず盛り上がらない」「町を越えて他の商店街まで買い物に行かない」という声や、「企画を知らない人が多い」「広報・宣伝が弱い」「来たのは区職員ばかり」などの意見が応募者・参加店舗両方から上がった。また、景品の準備が遅れて冊子に掲載されず、「景品が分からなかった」という人も多かった。

 区は来年度も実施予定だが、「参加店舗を増やすには課題がある」と慎重な姿勢をみせている。広報については、現行の参加店舗などでのポスター掲示に加え、区内1200カ所の掲示板も活用。区外からの転入者にも配布する方針だ。

区内25商店街から参加した36店舗を紹介した冊子。1万部を発行した
区内25商店街から参加した36店舗を紹介した冊子。1万部を発行した

神奈川区版のトップニュース最新6

緑化推進で優秀賞

MGP委員会

緑化推進で優秀賞 社会

社員有志で活動継続

11月25日号

旧規格消火器は交換を

旧規格消火器は交換を 社会

年内期限、事故の恐れも

11月25日号

依存症対策の計画策定

横浜市

依存症対策の計画策定 社会

横の連携で「孤立化」防ぐ

11月18日号

6選手が表彰台に

神奈川大学レスリング部

6選手が表彰台に スポーツ

2大会でメダル量産

11月18日号

シャトルバスで買い物支援

斎藤分南部

シャトルバスで買い物支援 社会

地域回り商業施設へ送迎

11月11日号

IR推進費、11月清算へ

横浜市

IR推進費、11月清算へ 政治

8割執行見込みも減額調整

11月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook