神奈川区版 掲載号:2015年5月14日号 エリアトップへ

羽沢町小川誠さん アジサイ出荷最盛期 試行錯誤で横浜産を確立

社会

掲載号:2015年5月14日号

  • LINE
  • hatena
手塩にかけた花を手にする小川さん
手塩にかけた花を手にする小川さん

 赤や青、白など色とりどりの花を咲かせるアジサイ。羽沢町で30年以上前から栽培を続けている小川誠さん(60)のハウスは現在、出荷のピークを迎えている。今シーズンは6月半頃まで、約1400鉢を市場に送り出す。

 県内で数件しかいないというアジサイ農家。その一人が小川さんだ。「地方の大規模農家にはできないことをしないと生き残れない」と、8号以上の大きめの鉢を中心に14品種を栽培する。土や肥料、水素イオン濃度などを徹底管理し、鮮やかな色がでるように育てている。「8号鉢なら最低でも10輪はつけたい」。一般的に1年で出荷するところを、じっくり2年の歳月をかける。寄せ植えではなく、一株で育て上げるのが小川流だ。

「オタフク」で成功

 小川さんは畑作農家の次男として生まれた。「兄が会社員になったから仕方なく継いだ」と、大学卒業後に施設園芸の道へ。研修先で出会ったのが「シクラメンとアジサイ」だった。経営の柱はシクラメンだが、アジサイへの想い入れは強い。アジサイの栽培で一番難しいのは、鮮やかな発色をうながす「色だし」だという。「栽培を始めて数年は思うように色が出ず、やめようと思ったこともある」と当時を振り返る。

 ターニングポイントとなったのは「梅花咲紫陽花(あじさい)」(通称オタフク)との出会いだった。市場関係者の勧めでいち早く栽培に着手。これが軌道に乗り、都市近郊農家の先駆者として知られる存在となった。

 出荷のピークを迎えた現在、夫婦二人三脚で大小6棟のハウスで汗を流す。「あきらめなくてよかった。身体が動く間は続けていきたい。それがお客様への恩返しです」と話している。

神奈川区版のトップニュース最新6

建て替え検討へ

神奈川区総合庁舎

建て替え検討へ 社会

市内最古、2030年代に築70年

9月16日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

市役所トイレに無料配布機器

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

高度日本一 3年ぶり挑戦

ハイブリッドロケット

高度日本一 3年ぶり挑戦 教育

神大、全長4mの小型機で

9月9日号

農業活性へ選手協力

Y.S.C.C.横浜

農業活性へ選手協力 社会

荒廃農地での営農目指す

9月2日号

近隣住民も対象に

横浜国大ワクチン集団接種

近隣住民も対象に 社会

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook