神奈川区版 掲載号:2015年6月11日号 エリアトップへ

新市庁舎建設費1.2倍に 当初計画から133億円増

社会

掲載号:2015年6月11日号

  • LINE
  • hatena
馬車道の建設予定地
馬車道の建設予定地

 横浜市は5月、中区の北仲通南地区に整備予定の新市庁舎建設・設計費が749億円となると発表した。昨年3月の基本計画策定時から133億円増。補正予算は5月29日の市会本会議で可決されたが、膨らむ予算に整備時期や内容の見直しを求める声も根強い。

資材・人件費が高騰

 昨年3月の横浜市の試算では、想定建設費単価に延べ床面積をかけた概算で、建設・設計費を約616億円とした。同年12月には、CM(工事監理)事業者を導入し概略設計資料から積算。標準建築費の上昇などもあり約667億円に。さらに今回、仕上や設備の仕様を確定した上で再算出し、約749億円となった。

 予算増の要因の一つが建築資機材と人件費の上昇で、40・9億円(昨年12月対比)増。標準建築費の上昇は急騰した一昨年より緩やかになっているものの、今後も続くと見られる。市はこれまでの変動率をもとに、10月に予定している入札時までに2・7%アップすると想定。今回の試算に反映させている。

 また、みなとみらい線馬車道駅から新市庁舎のアトリウム(屋根付き広場)に直結するエレベーターやアトリウムと市庁舎をつなぐエスカレーターの設置など、設備計画の変更も行われた。このほか大地震発生に備えた機能の充実と強化も盛り込み、18・4億円(同)増となった。市総務局担当者は「アトリウムは駅から街への玄関口となり、街の賑わいやおもてなしの場」とその役割を位置づけ、市民に理解を求める。

早期整備に疑問の声も

 あくまで五輪前の完成を目指す市に対し、「建設単価や人手不足が鎮静化する五輪の後に整備を延長するべきでは」という声もある。

 これに対し市は「災害時の危機管理機能の強化」「庁舎分散化の解消」「現施設・設備の老朽化」を理由に早期整備の必要性を訴える。「大地震のリスクはひっ迫している。災害対策本部の機能を十分に発揮し、職員全員が迅速に業務を進めるためにも、災害に強い建物は喫緊の課題」。また五輪後でも、建設労働者不足は変わらず、1960年代に整備された公共施設が一斉に更新時期を迎えることなどから建設需要の大きな落ち込みはないと予測する。

 今後の整備スケジュールは、10月に入札を行い、2017年夏頃に着工予定。

神奈川区版のトップニュース最新6

交通弱者に快適な移動を

神奈川トヨタ自動車

交通弱者に快適な移動を 社会

タクシー向け講習 「なでしこ」認定

2月20日号

空き家相談 周知に課題

空き家相談 周知に課題 社会

窓口開設も利用者低調

2月20日号

「もの忘れ検診」開始

横浜市

「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上対象に無料で

2月13日号

「電気火災」が増加

出火原因消防まとめ

「電気火災」が増加 社会

火使わない機器にも注意を

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

「奮闘努力」全国で結実

横浜創英高校バトン部

「奮闘努力」全国で結実 スポーツ

ダイナミックな演技が高評価

2月6日号

「トップ10入り目指す」

横浜FC

「トップ10入り目指す」 スポーツ

13年ぶりのJ1舞台

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク