神奈川区版 掲載号:2015年6月18日号 エリアトップへ

地域環境美化功績者表彰 神明自治会が区内初受賞 自主的な清掃活動が評価

社会

掲載号:2015年6月18日号

  • LINE
  • hatena
仲木戸公園で落ち葉などを集める住人たち
仲木戸公園で落ち葉などを集める住人たち

 「平成27年度地域環境保全功労者等表彰」の表彰式が6月10日、都内で行われ、神明自治会(菅沼大覚会長)が地域環境美化功績者として表彰された。清掃活動やごみの分別・リサイクルに対する高い意識が評価された。

 寺社が集まる東神奈川2丁目の一部と、工場や倉庫が集まる千若町1・2丁目にあたる同自治会。長年住んでいる人やマンションに住むファミリーなど、1059世帯が生活している。老人会主体で仲木戸公園と新明町公園で月2回行っている公園清掃や、子ども会主体の資源回収活動などを定期実施しているほか、集まらずとも日頃からポイ捨てなどが目に入ると、各自率先して町内を清掃する文化が根づいているという。

 区内で初めての環境大臣表彰に、菅沼会長は「環境美化はもちろんのこと、防犯や防災も含めて町内のみんなが取り組んできてくれたおかげ」と住人たちへの感謝を口にした。

イベントで協力づくり

 住人たちが自主的に清掃活動をするようになったのは6年ほど前から。当時、会長に就任した菅沼会長は「町をきれいにすれば、犯罪も起こらないのでは」とアイデアを探っていた。いきなり協力を求めても難しいと感じ、防災訓練の炊き出しで餅つきを企画するなど、住人参加型のイベントを催すことで協力意識を高めることに成功。若い世代の住人も参加するようになり、「町の活性化の下地を作ってきたから自主的に協力してくれるようになった」と分析する。今後について、「災害時の相互支援などの視点からも、自治会への加入促進に力を入れたい」と意欲をみせる。

 今回の表彰では、市内から同自治会含め3団体1個人が受賞した。

神奈川区版のトップニュース最新6

未利用魚活用事業に栄誉

魚食普及推進協

未利用魚活用事業に栄誉 社会

魚の国のしあわせ大賞

1月14日号

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

黒岩知事

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

思いやりの心 苦しい時期こそ

思いやりの心 苦しい時期こそ 政治

高田区長インタビュー

1月7日号

「コロナ対策、最優先に」

林市長インタビュー

「コロナ対策、最優先に」 政治

IR誘致は継続へ

1月1日号

肉質追求「横濱ビーフ」

肉質追求「横濱ビーフ」 社会

平本畜産 丹精込め黒毛飼育

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク