神奈川区版 掲載号:2015年6月25日号 エリアトップへ

三ツ沢東町高野啓子さん 旧家を「公民館」に ワークショップで地域交流

社会

掲載号:2015年6月25日号

  • LINE
  • hatena
明治期に建てられた物置の前に立つ高野さん(左)と友人
明治期に建てられた物置の前に立つ高野さん(左)と友人

 三ツ沢の静かな住宅街の中に、まるでタイムスリップしたかのように佇む昭和の家屋がある。敷地内には、明治期に建てられた物置をはじめ、池や井戸、梅などの古木も植えられている。家主の高野啓子さん(50)はこのほど、こうした旧家の遺産を使って地域交流をする「昭和レトロハウス保存計画」をスタートさせた。

 高野さんが生まれ育った自宅=三ツ沢東町5の41=は、江戸時代から受け継がれる旧家。約300坪の敷地には1899年(明治32年)築の物置や、1958年(昭和33年)に建てられた離れなどが現存する「レトロハウス」だ。アジサイや夏みかん、柿なども植えられており、近所では四季の移り変わりを感じられる「都会のオアシス」として知られる。

 千葉県で「里山の学校」の講師をしていた高野さん。父が他界したのをきっかけに昨年、実家に戻ってきた。

「片づけをしているうちに、旧家の遺産を次世代に存続させることが使命だと感じた」。元来楽しいことが好きな性格。このほど、友人らとレトロハウスを地域交流の場として活用する計画をスタートさせた。

樹齢数百年梅の実収穫

 15日には、梅の収穫祭が行われた。樹齢数百年という木には約100kgの実がなる。これまでは教師をしていた亡父が教え子や、近所、親戚などに配っていた。今年は9人がかりで収穫、ジャムや梅干しを手作りするワークショップも行った。

 高野さんは「住宅街なので騒音に注意しながら企画する必要がある」と近隣に配慮しつつ、「自然と歴史、芸術の公民館を目指したい」と今後の抱負を語った。夏休みには、子ども向けに井戸水を使用したイベントを予定している。

神奈川区版のトップニュース最新6

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

消費増税「影響わずか」

大口通商店街六角橋商店街

消費増税「影響わずか」 経済

ポイント還元後に不安も

11月14日号

決戦は24日の最終戦か

横浜FC

決戦は24日の最終戦か スポーツ

J1昇格へ残り3節

11月7日号

地元農作物でジュース作り

羽沢町の 就労支援施設

地元農作物でジュース作り 社会

農業と福祉の連携めざす

11月7日号

いじめ認知件数、過去最多

公立小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

10月31日号

「都シチウ」が復活

島田橋やぶ

「都シチウ」が復活 文化

創業100年契機に

10月31日号

「新聞名古屋城」を制作

「新聞名古屋城」を制作 社会

神奈川工業定時制の4人

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 10月24日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク