神奈川区版 掲載号:2015年7月30日号 エリアトップへ

「民間救急」という選択肢(上) いつでも呼べる「安心」を

掲載号:2015年7月30日号

  • LINE
  • hatena

 傷病者の搬送・移動手段のひとつに、横浜市消防局の「患者等搬送事業」がある。緊急性の低い傷病者の移動を民間が請け負う事業で、「民間救急」とも呼ばれている。救急車の適正利用が叫ばれる中「民間救急」という選択肢について考える。

 市消防局が認定している民間救急は52業者(3月3日現在)。それぞれストレッチャーや車いす、人工呼吸器などを搭載した専用の車両を保有している。車両には、サイレンや赤色灯を付けられない。あくまで緊急性の低い傷病者の搬送が中心だ。利用は有料。医療機関への通院や、入退院の際の移動手段として利用されるケースが多い。

 戸塚区のアシスト倶楽部合同会社は今年6月、民間救急の事業を開始した。車いすなどの利用が必要な傷病者の移動には、家族の車出しや手助けが不可欠。一方で家族による手助けを受けられない傷病者もいる。そんな人が気軽に移動できるようにと、事業を始めた。

 民間救急の事業者は、搬送中の患者の容態が急変したときの応急処置や、医師に容態を正確に伝える技術を講習で学ぶ。代表の前出昇さんは「救急車が呼べない場合でも、患者は安心して移動することができるのでは」と胸を張る。

 前出さんは過去に、川崎市で民間救急の事業を行っていた経験があり「横浜市は認知度がまだまだ低いと感じる」と課題を話す。川崎市は、交通手段がない患者へ民間救急車を紹介・手配する「サポート救急」という事業を2008年度から行っている。事業の利用者は初年度が延べ157人だったが、積極的な広報活動があり昨年度は同675人と増加している。

 「救急車が気軽に使えない分、民間救急をタクシー感覚で使って」と前出さん。年々増加する公的な救急車の出動件数も踏まえ「横浜市でも、広く知ってもらうための広報活動がぜひ欲しい」と話した。

(続く)

神奈川区版のローカルニュース最新6

地域安全のつどいで決意新た

地域安全のつどいで決意新た 社会

公会堂に関係者400人

10月17日号

住宅全半壊で支援金

台風15号被害世帯

住宅全半壊で支援金 社会

県・市から最大300万円

10月17日号

小松亮太さんら出演

タウンニュース社主催

小松亮太さんら出演 文化

タンゴスペシャルコンサート

10月17日号

水道水で「おもてなし」

省エネ住宅を学ぶ

省エネ住宅を学ぶ 社会

10月26日、専門教授らが講話

10月17日号

商店街スタンプラリー

商店街スタンプラリー 社会

12月31日まで実施

10月17日号

スポーツの秋を満喫

大口七島地区

スポーツの秋を満喫 社会

地域連携し大運動会

10月17日号

あっとほーむデスク

  • 10月17日0:00更新

  • 10月3日0:00更新

  • 9月26日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク