神奈川区版 掲載号:2015年7月30日号 エリアトップへ

地域力で社会を明るく 保護司会 街頭キャンペーン

社会

掲載号:2015年7月30日号

  • LINE
  • hatena
チラシを受け取る親子
チラシを受け取る親子

 非行や犯罪のない社会を目指す「社会を明るくする運動」の街頭啓発キャンペーンが7月22日、東神奈川駅周辺とイオン東神奈川店前で行われた。

 これは、社明運動の強化月間に合わせ神奈川保護司会(山本和義会長)が主催したもので、今回が65回目。犯罪や非行を防ぐとともに、罪を犯してしまった人が社会復帰できるよう、地域が一丸となって見守ることを目的とした全国規模の運動だ。

 開催に先立ち山本会長は「立ち直りを支える社会を作るためには、地域の力が不可欠。力を合わせて意義を伝えましょう」とあいさつ。同キャンペーンには二宮智美区長も駆けつけ、区民生委員児童委員協議会や区更生保護女性会など、12団体72人とともに啓発チラシを歩行者に配った。二宮区長は「あやまちを犯した人の社会復帰に対する地域の理解を、少しでも広げていければ」と話していた。

神奈川区版のローカルニュース最新6

緑鮮やか 神大寺産そば

緑鮮やか 神大寺産そば 社会

地域のそば店、二代目奮闘

7月9日号

医療用マスク4千枚

ベイクォーター

医療用マスク4千枚 社会

消防署・医師会に寄贈

7月9日号

無農薬の山北茶販路開拓に一役

30年続く展示会の巡回展

30年続く展示会の巡回展 文化

あけ/たて、1組ずつ鑑賞

7月9日号

フェイアートで夏の展示

無観客ライブを生配信

ピアノトリオH ZETTRIO

無観客ライブを生配信 文化

15日、29日

7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 6月9日20:15更新

  • 6月2日20:30更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク