神奈川区版 掲載号:2015年12月3日号 エリアトップへ

区社協、「住民マップ」で大会 情報共有と推進図る

社会

掲載号:2015年12月3日号

  • LINE
  • hatena
講演する木原氏
講演する木原氏

 神奈川区社会福祉協議会(富井亨事務局長)が2013年度から取り組む「住民支え合いマップ」事業。この近所付き合いを活かした、地域による見守り活動の輪が広がりをみせている。11月24日には、関東ブロック大会が神奈川韓国会館で開催された。

 「住民支え合いマップ」について語り合う「ご近所福祉活動発表大会In横浜・神奈川区」が開催され、会場には市内外から135人が来場した。神奈川区は全国的にも活発にマップ作り取り組む地域とあって、視察を兼ねて訪れる参加者も多く見られた。

 住民流福祉総合研究所の木原孝久所長が提唱する「住民支え合いマップ」は、約50世帯の「ご近所」で行われている住民同士の交流や助け合いを、民生委員らが中心となって聞き出し、その情報を地図に記入するもの。その過程の中で、孤立している高齢者や認知症者などの存在が見えてくるなど、その地域特有の課題が浮き彫りになるという。

 同大会では、木原氏が住民の付き合いを活かした見守り活動の必要性を説いたほか、区内関係者が報告会や鼎談、シンポジウムなどを実施。これまでの取り組みを振り返りながら「情報を持った『世話焼きさん』は必ずいる」「マップ作りで課題解決の取り組みが進んだ」などの意見が交わされた。富井事務局長は「参加者と情報を共有し、推進することができた。今後も取り組みの継続と発展を応援していきたい」と大会を総括した。

狙いは課題解決

 地域支援のあり方を模索していた区社協が12年9月に、木原氏を招いて自治会町内会会長と民生委員対象の講演会を行った。これがきっかけとなり、まず7自治会町内会が住民マップ作りをスタート。すぐに口コミで広まり、現在は47自治会町内会の区域で取り組みが行われている。マップ作りを行った結果、民生委員の役割にも変化がみられ、地域福祉の最前線は近所の「世話焼きさん」に託し、民生委員自らは「司令塔」として、支援機関などとのつなぎ役を担うようになったという。

 同事業を担当する梅木博志主事は「マップ作りは単発的な情報収集の場としてではなく、課題解決に向けた取り組みにつなげることが重要だ」と今後の方向性を示した。

神奈川区版のトップニュース最新6

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月17日号

「門出の晴れ着」 諦めずに

「門出の晴れ着」 諦めずに 社会

ボランティアが無料着付け

6月17日号

ピッチ外でも仕事に汗

Y.S.C.C.横浜河辺選手

ピッチ外でも仕事に汗 社会

収入確保へ地元企業支援

6月10日号

GIGAスクール 初めの一歩

GIGAスクール 初めの一歩 教育

神大寺小で端末「開封式」

6月10日号

クリアファイルで地域愛育む

菅田地区

クリアファイルで地域愛育む コミュニティ社会

社協とケアプラ協力し作成

6月3日号

「暮らしの安心」実現に力

「暮らしの安心」実現に力 社会

神奈川区 運営方針示す

6月3日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter