神奈川区版 掲載号:2015年12月17日号 エリアトップへ

反町交差点 1万8千球のイルミ点灯 地元町内会、企画から2カ月で

社会

掲載号:2015年12月17日号

  • LINE
  • hatena
イルミネーションを企画した五十嵐会長(左)ら
イルミネーションを企画した五十嵐会長(左)ら

 国道1号線の反町交差点にそびえ立つ2本のケヤキが、イルミネーションできらめいている。企画したのは地元住民たち。「たんまちイルミネーションプロジェクト」と題し、12月31日まで毎日点灯する。

 反町第一町内会(五十嵐信行会長)の住人たちが企画したこのプロジェクトは、区役所や国土交通省に掛け合い、企画から2カ月という早さで実現。「あかりを灯して明るいまちづくりを推進したい」との思いで、国道沿いでひときわ存在感を放つケヤキ2本に電飾を施した。毎日午後4時から10時まで点灯しており、約12mの高さで1万8千球が輝いている。

地域振興や商業活性化を

 反町公園を含む反町1、2丁目が該当する同町内会では、ワンルームマンションの建設が相次ぎ若い世代の住人が増える一方で、そうした世代の多くは町内会活動に参加しておらず、防災の観点からも頭を悩ませているという。また、町内は飲食店が多く立ち並ぶ商業地域という一面を持つが、五十嵐会長は「横浜駅に近いこともあり、必ずしも強力な商店街にはなり得ていない」と町内会の現状を分析する。

 そこで、同町内会は回覧板とは別に「からわ版」を発行したり、飲食店とコラボしたイベントに取り組んできたが、今回新たなチャレンジとしてこのプロジェクトを企画。「電球1個あたり20円」という形で寄付も募り、12月12日現在で120人以上から寄付が集まっている。飲食店などにも募金箱を設置した。来年以降も続けていく方針で、企画に携わった山崎栄さんは「いつか反町公園まで灯したい」と夢を語る。

 12月1日の点灯式は他地区の町内会長からも好評で、通りかかった人が写真を撮る姿もあった。五十嵐会長は「イルミネーションを起爆剤に、『町ってこんなことしているんだ』と若者も参加してもらいたい」と期待を込めて語った。
 

神奈川区版のトップニュース最新6

児童に学びの場提供

ふれあいっこ三ツ沢

児童に学びの場提供 教育

子ども食堂休止で代替活動

5月13日号

神奈川から学生の頂点へ

ベストオブミス

神奈川から学生の頂点へ 社会

区内の保川さん、県代表に

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

入江にサテライト開設

区地域子育て支援拠点かなーちえ

入江にサテライト開設 社会

未就学親子に無料開放

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

5月7日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

六角橋から5Km歩こう

六角橋から5Km歩こう

11日と25日 参加無料

5月11日~6月22日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter