神奈川区版 掲載号:2015年12月24日号 エリアトップへ

観光都市・横浜とムスリム(下) 多文化に対応する都市へ

文化

掲載号:2015年12月24日号

  • LINE
  • hatena

 観光庁から2013年6月にムスリム(イスラム教徒)旅行者の受入環境を整備する拠点の一つとして選定された横浜市。多数の外国人観光客が横浜を訪れる中、現状では多くのムスリムがいるマレーシアやインドネシアからの来訪者が多いとはいえない。

 しかし、市では将来を見据えてムスリム旅行者が不自由なく滞在できる環境を整備していく考えで、これまでにウェブなどを利用した情報発信をはじめ、事業者を対象にしたムスリムの生活習慣を学ぶ研修、礼拝用のマット・コンパスの設置などを進めてきた。

 民間でもムスリムへの対応は少しずつ広がっている。今年9月には市内の大型商業施設としては初めて、中区の「横浜ワールドポーターズ」が訪日外国人に対応するサービスの一環として礼拝室を新設。同施設の担当者は「イスラム教に限らず、お祈りをする全ての人たちのために設置した」と話し、ムスリムを中心にすでに60人を超える人が利用しているという。

 市文化観光局の担当者は「ワールドポーターズの例だけでなく、マット・コンパスを設置する施設も増えてきて市内でもある程度環境が整い、理解も深まってきていると思う」と話す。一方で民間事業者の中には実際にそこまでムスリムが来るのか懐疑的な意見もあるといい、今後は受入環境整備に加えてさらに横浜を訪れてもらえるよう誘客にも力を入れていく。

モデルコース策定へ

 市がこれから進める新たな取り組みの一つが、ムスリム向け観光モデルコースの策定だ。食事や礼拝などに配慮しながらも、横浜を楽しめるようなコースを3つ以上用意する予定。さらに、食をテーマにした事業者向けの接遇研修やFacebookなどを活用したマレーシア・インドネシア国内へのPRにも、今年度中に取り組む方針だ。

 「外国からのお客さまに来てもらえることはありがたいこと。ムスリムに限らず、多文化へ対応できるように環境を整えていく」と同局の担当者。日本を代表する観光都市・横浜として、さらに多くの外国人観光客を受け入れるには先を見据えた対策が鍵となる。 (了)

神奈川区版のローカルニュース最新6

心臓リハビリ推進へ連携

横浜市

心臓リハビリ推進へ連携 社会

民間ジムやスポセンなどと

5月13日号

港南区で初の移動販売

野菜卸「つま正」

港南区で初の移動販売 経済

高台住民の買い物支援

5月13日号

マスク飲食推奨へ

神福協ら

マスク飲食推奨へ 社会

県に啓発品10万個寄贈

5月13日号

金港LCへ感謝状

金港LCへ感謝状 社会

幸ケ谷小と日赤から

5月13日号

神奈川区 犯罪発生状況

【Web限定記事】

神奈川区 犯罪発生状況 社会

5月13日号

脱炭素社会へ意見募る

脱炭素社会へ意見募る 政治

自民党がシンポジウム

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

六角橋から5Km歩こう

六角橋から5Km歩こう

11日と25日 参加無料

5月11日~6月22日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter