神奈川区版 掲載号:2016年1月7日号 エリアトップへ

横浜で50年以上続く親父バンド「ザ・ジョーカーズ」のボーカルを務める 宮地 鎭之さん 神奈川在住 71歳

掲載号:2016年1月7日号

  • LINE
  • hatena

ヨコハマの姿、音楽で残す

 ○…前身となるバンドを含めると、半世紀以上にわたり横浜で活動を続けている「ザ・ジョーカーズ」。50〜70代のメンバーを引っ張り、練習のスケジュール調整からライブのチケット販売まで自分で行う。毎年Xマス直前にホテルで開くライブパーティーには、400人前後が来場。「7〜8割は10年以上、毎年来てくれている」と、1960年代に青春を謳歌した世代にとって年に一度の楽しみとなっているという。

 ○…幸ケ谷小、栗田谷中を卒業した地元っ子。日大藤沢高時代、音楽好きなクラスメートと出会ったのが音楽にのめり込むきっかけとなった。「授業を抜け出して日劇ウエスタンカーニバルを観に行ったりしたよ」と懐かしむ。大学2年のとき、のちのザ・ゴールデン・カップスでリーダーを務めた故・デイヴ平尾氏らと「ザ・サーフライダーズ」を結成。年間250日はライブハウスで演奏し、「これでも当時はジャニーズ系の顔でね。人生最大のモテ期だった」と笑う。

 ○…卒業後は地元、神奈川日産に就職。仕事が忙しくなかなか活動できなかったが、50歳のとき、メンバーの葬式で仲間と再会し、「ザ・ジョーカーズ」として再始動を果たした。以来、メンバーの半分が変わったが、7〜9人で年6回はステージに立つ。現在も出演依頼は増え続けており、「ステージに立って緊張するのは良いこと。ぶっつけ本番でも不思議とぴったりはまるんだよ」と腕を組みながらうなずく。

 ○…3女に恵まれ、孫は4人。家の距離が近く、週2回は遊びに来るため「あんまり顔出さないと電話しちゃう」と照れ笑い。定年後に派遣会社を買い、今は顧問として見守りながら妻と保険代理店業を営む。「バンドの活動は、妻がいなかったら続けられていない」と話す。年齢などを理由に活動を辞めることも考えたが、マイクを持てばまだまだ現役。「お客さんが喜んでくれるのが一番」

神奈川区版の人物風土記最新6

塚本 幸治さん

選手を中心に考える学童野球の枠組みを考案した

塚本 幸治さん

神奈川区在住 43歳

5月13日号

鈴木 正基(まさき)さん

4月から自主団体として独立した「はれ晴れウォーク」の代表を務める

鈴木 正基(まさき)さん

六角橋在住 71歳

5月7日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月22日号

日比野 政芳さん

神奈川区長に就任した

日比野 政芳さん

南区在住 56歳

4月15日号

秋本 剛さん

神奈川警察署長に就任した

秋本 剛さん

新浦島町在住 56歳

4月8日号

頼(らい) 栄明(よしあき)さん

地域情報を発信するサイト「神大寺ナビ」を手掛ける

頼(らい) 栄明(よしあき)さん

神大寺在住 41歳

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

六角橋から5Km歩こう

六角橋から5Km歩こう

11日と25日 参加無料

5月11日~6月22日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter