神奈川区版 掲載号:2016年1月7日号 エリアトップへ

区地域福祉保健計画 第3期案公表、意見募る 来春策定へ

社会

掲載号:2016年1月7日号

  • LINE
  • hatena
地域課題を話し合った地区別懇談会
地域課題を話し合った地区別懇談会

 地域の課題解決や支え合いの社会を目指すための「第3期神奈川区地域福祉保健計画」の素案がこのほど公表された。「誰もが住み慣れた地域で、安心して、心豊かに、いきいきと暮らせるまちをつくろう」を基本理念に、4つの推進の柱を掲げた。区は1月25日まで意見と愛称を募集している。

 地域福祉保健計画は、社会福祉法に基づき、全国的に策定されているもの。横浜市は福祉と保健を一体的にとらえ、「地域福祉保健計画」として策定。多様化する生活課題解決に向け、住民や事業者、公的機関が支え合う仕組み作りの指針としている。2005年度から第1期、10年度から第2期が開始。第3期は16年度から20年度までの5年間となる。

 第3期計画は、21の地区連合町内会エリアが主体となって進める「地区別計画」と、専門的な共通課題について行政・関係機関が広域に取り組む「区計画」が両輪となって構成される。計画案策定にあたり区は、これまでの取り組みを振り返るとともに、障害者団体などへのインタビューや地区ごとに3回の懇談会を実施。地域住人からは「素晴らしい計画でも、実行しなければ意味がない」などの率直な意見もあった。

 区ではこれらの意見から「誰もが住み慣れた地域で、安心して、心豊かに、いきいきと暮らせるまちをつくろう」を基本理念に、「支援が必要な人が支援につながる仕組みづくり」「健やかで心豊かに生活できる地域づくり」「地域を支える人材を支援する仕組みづくり」「身近な支えあいの仕組みづくりとそれを推進する体制づくり」の4つを推進の柱に掲げ、第3期の方向性を示した。3月に計画を確定させる方針。区福祉保健課では「この計画は、自分たちの地域のために策定されるもの。他人事ではなく、まずは素案を見てもらいたい」としている。

 意見募集は1月25日まで。素案冊子は区役所福祉保健課と区社会福祉協議会、区内地域ケアプラザ窓口で配布中。区ホームページでも閲覧可能。また、同計画の愛称も同時募集(三択)する。応募者の中から抽選で20人に、金岩井純正胡麻油とかめ太郎ハンカチがプレゼントされる。

 詳細は同課【電話】045・411・7135。

神奈川区版のトップニュース最新6

入江にサテライト開設

区地域子育て支援拠点かなーちえ

入江にサテライト開設 社会

未就学親子に無料開放

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

5月7日号

注文率20%超える

市立中給食

注文率20%超える 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

4月29日号

「片倉元気に」商店主奮闘

「片倉元気に」商店主奮闘 社会

にぎわい創出、アイデア多彩

4月22日号

危険なバス停 区内に15カ所

危険なバス停 区内に15カ所 社会

国交省の調査で

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

六角橋から5Km歩こう

六角橋から5Km歩こう

11日と25日 参加無料

5月11日~6月22日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter