神奈川区版 掲載号:2016年3月10日号 エリアトップへ

市内企業ら 福島の児童招きキャンプ 区内リンクの売電益で

社会

掲載号:2016年3月10日号

  • LINE
  • hatena
支援を呼び掛ける河原会長
支援を呼び掛ける河原会長

 電気で受けた恩は、電気と元気で返したい――。磯子区にある建設会社「(株)太陽住建」の河原英信会長が発起人となり、福島県の子どもたちに横浜の水辺での環境学習やスポーツを楽しんでもらう「かながわ元気エネルギーキャンプ」の企画が進んでいる。

 東日本大震災に関する報道等を通じ、今も原発事故の被害に苦しむ福島の人たちの力になりたいと考えていた河原会長。同社では、昨年末にリニューアルされた横浜銀行アイスアリーナ=広台太田町=の屋根に太陽光発電パネルを設置し、発電した電力を東京電力に売電する事業に取り組んでいる。河原会長はその収益を役立てられないかと、地域課題解決の研究等を行うNPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ=中区=の杉浦裕樹代表に相談。福島の子どもたちの屋外遊びの機会を増やそうと猪苗代湖でドラゴンボートに取り組む緒方大輔さん=保土ケ谷区在住=の紹介を受け、活動の模索を始めた。「震災前、福島第1原発の電力を利用していたのは私たち。事故で苦しんでいる福島の人たちに、今度は横浜の電気で恩返しをしたいと思った」と河原会長。福島の浜通り地区などの沿岸部で暮らしていた子どもたちが、放射線量や震災がれきなどの影響を懸念し、海で遊ぶ機会が少なくなったという現状を受け、横浜の水辺で遊べる内容を盛り込んだキャンプを考案した。

 活動の企画・運営を行う実行委員会を発足し、委員長には緒方さんが就任。キャンプは3月24日から26日までの2泊3日で、福島県双葉郡の小学4〜6年生約20人を招待する。みなとみらいでのシーカヤックや、ボートでの大岡川散策などを体験してもらう予定だ。

 運営費には、同社の売電収益40万円を投じ、賛同する市内の企業や個人からの寄付も募る。3月23日まではクラウドファンディングでも資金調達を行っている。河原会長は「福島の方々への恩返しとして、横浜の電気と元気を集めた大きなうねりを起こしたい。ぜひご協力をお願いできれば」。活動に関する問い合わせは実行委員会【メール】genkienergy@gmail.comへ。

神奈川区版のローカルニュース最新6

市役所で公開1次審査

まち普請

市役所で公開1次審査 社会

傍聴可、生配信も

6月30日号

「かながわPay」第2弾

「かながわPay」第2弾 経済

7月から 最大20%ポイント還元

6月30日号

災害時協力で市と協定

横浜市仏教会

災害時協力で市と協定 社会

境内を避難所などに提供

6月30日号

80周年式典1000人集う

学校法人 武相学園

80周年式典1000人集う 教育

6月30日号

「海の日」のコンサート

「海の日」のコンサート 文化

7月17日 県立音楽堂で

6月30日号

横浜ワイン誕生間近

横濱ワイナリー

横浜ワイン誕生間近 文化

ぶどう苗オーナー募集中

6月30日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月2日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook