神奈川区版 掲載号:2016年3月24日号 エリアトップへ

区老人クラブ連合会 「シニア」に改名 負イメージ払拭ねらう

社会

掲載号:2016年3月24日号

  • LINE
  • hatena
ストレッチすることぶき大学の参加者
ストレッチすることぶき大学の参加者

 神奈川区老人クラブ連合会(田中隆博会長)の名称が、4月から「シニアクラブ連合会」に変更されることが分かった。1968年の発足から約48年。時代とともに変化した「老人」のマイナスイメージを払拭しようと改名に踏み切った。同クラブは今後も健康寿命を延ばす活動を続けていく方針だ。

 区老連は68年に、132クラブで発足。高齢者が老人クラブ活動を通じて、社会参加の機会を得るとともに、健康で生きがいのある日常を実現できるよう様々な支援を行っている。

 会員数は2001年に1万2000人を突破したが、現在は154クラブ・約9500人と減少傾向にある。特に65歳以下の「若年高齢者」の加入促進が課題となっており、今回の改名は、増員に向けた第一歩として期待がかかる。

4区で先行

 区老連の改名は4区で先行実施されている。4月からは神奈川区を含む5区で予定。市老連も15年12月、愛称を「かがやきクラブ横浜」に決定するなど、「老人」の言葉の持つマイナスイメージ払拭に向けた動きが市内で活発となっている。

 区老連の活動は、三ツ沢競技場で行う健康づくり事業「手作り運動会」や、引きこもりを防ぎ心のつながりを深める友愛事業「たまり場づくり」、組織力を生かした地域づくり事業「学童の見守り」などが柱。今年度は「のばそう!健康寿命、担おう!地域づくりを」を目標に掲げ、3月16日・17日に48回目となる「ことぶき大学講座」を区役所と共催した。

 神奈川公会堂に2日間で延べ1千人が来場。区老連の文教委員が1年をかけて認知症予防や歩き方、落語などの講座を企画。参加者は専門家の講演に真剣に耳を傾けていた。

 田中会長は「元気な高齢者で支え合う時代。できるだけ健康寿命を延ばし、楽しい高齢社会を目指していきたい」と語った。
 

神奈川区版のトップニュース最新6

児童に学びの場提供

ふれあいっこ三ツ沢

児童に学びの場提供 教育

子ども食堂休止で代替活動

5月13日号

神奈川から学生の頂点へ

ベストオブミス

神奈川から学生の頂点へ 社会

区内の保川さん、県代表に

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

入江にサテライト開設

区地域子育て支援拠点かなーちえ

入江にサテライト開設 社会

未就学親子に無料開放

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

5月7日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

六角橋から5Km歩こう

六角橋から5Km歩こう

11日と25日 参加無料

5月11日~6月22日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter