神奈川区版 掲載号:2016年3月31日号 エリアトップへ

文明開化を生きた歌人 「大熊弁玉(べんぎょく)を知って」 4月23日 三宝寺でシンポ

文化

掲載号:2016年3月31日号

  • LINE
  • hatena
弁玉の肖像と長歌集『由良牟呂集』、自筆短冊
弁玉の肖像と長歌集『由良牟呂集』、自筆短冊

 第1回「ゆらむろ忌」・シンポジウムが4月23日午後2時〜4時、浄土宗三宝寺(樋口芳宏住職)=台町7の1=で行われる。参加無料。

 「ゆらむろ忌」とは、幕末から明治初年にかけて同寺の第21世住職だった大熊弁玉の命日。在世中から歌人としても有名で、激しく変わる世の中の動き、世相、文明開化の事物などを庶民の視点で詠い続けた。

 雅号を「由良牟呂」といい、長歌集『由良牟呂集』(1879年刊)を残し翌年63歳で他界。その作品は新体詩の先駆けと位置づけられ、変貌する横浜の歴史文学として高く評価された。しかし、時代遅れとなっていた万葉古語を用いていたため、その後語り継がれることはなかった。

 横浜大空襲で焼けた際、弁玉に関する多くの資料も焼失。同寺は郷土史家らに協力をあおぎ、収集作業を進めてきた。2014年には弁玉の史料を展示するコーナーを開設。これをきっかけに、シンポジウム開催の機運が高まった。樋口住職は「まずは弁玉の事績を知ってもらいたい。後世に残すことが義務だと思う」と話している。

 申し込みは、往復はがきに参加者氏名・年齢・住所・電話番号を記入の上、三宝寺まで。4月15日必着。(問)045・322・1713

神奈川区版のローカルニュース最新6

認知症理解へ 冊子制作

認知症理解へ 冊子制作 社会

六角橋中心に啓発広がる

5月19日号

所属委員会決まる

横浜市会

所属委員会決まる 政治

定例会も開会中

5月19日号

「避難行動計画の作成を」

横浜市

「避難行動計画の作成を」 社会

「マイ・タイムライン」認知度低く

5月19日号

開催概要を発表

横浜音祭り

開催概要を発表 文化

約250のプログラムを展開

5月19日号

将来像描く意見交換会

山下ふ頭

将来像描く意見交換会 社会

市内4カ所で実施

5月19日号

横浜大空襲から平和学ぶ

横浜大空襲から平和学ぶ 社会

関内ホールで戦争展

5月19日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook