神奈川区版 掲載号:2016年3月31日号 エリアトップへ

文明開化を生きた歌人 「大熊弁玉(べんぎょく)を知って」 4月23日 三宝寺でシンポ

文化

掲載号:2016年3月31日号

  • LINE
  • hatena
弁玉の肖像と長歌集『由良牟呂集』、自筆短冊
弁玉の肖像と長歌集『由良牟呂集』、自筆短冊

 第1回「ゆらむろ忌」・シンポジウムが4月23日午後2時〜4時、浄土宗三宝寺(樋口芳宏住職)=台町7の1=で行われる。参加無料。

 「ゆらむろ忌」とは、幕末から明治初年にかけて同寺の第21世住職だった大熊弁玉の命日。在世中から歌人としても有名で、激しく変わる世の中の動き、世相、文明開化の事物などを庶民の視点で詠い続けた。

 雅号を「由良牟呂」といい、長歌集『由良牟呂集』(1879年刊)を残し翌年63歳で他界。その作品は新体詩の先駆けと位置づけられ、変貌する横浜の歴史文学として高く評価された。しかし、時代遅れとなっていた万葉古語を用いていたため、その後語り継がれることはなかった。

 横浜大空襲で焼けた際、弁玉に関する多くの資料も焼失。同寺は郷土史家らに協力をあおぎ、収集作業を進めてきた。2014年には弁玉の史料を展示するコーナーを開設。これをきっかけに、シンポジウム開催の機運が高まった。樋口住職は「まずは弁玉の事績を知ってもらいたい。後世に残すことが義務だと思う」と話している。

 申し込みは、往復はがきに参加者氏名・年齢・住所・電話番号を記入の上、三宝寺まで。4月15日必着。(問)045・322・1713

神奈川区版のローカルニュース最新6

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

セブン4店舗に回収機

ペットボトルリサイクル

セブン4店舗に回収機 社会

5月7日号

利用者1割「メタボ改善」

ウォーキングポイント

利用者1割「メタボ改善」 社会

市、昨年の利用状況発表

5月7日号

アフリカの現代アート

アフリカの現代アート 文化

日本大通りで原画展

5月7日号

砂田川をスイスイ

砂田川をスイスイ 文化

鯉のぼり100匹群泳

5月7日号

神奈川区内事故発生状況(3月後半)

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

六角橋から5Km歩こう

六角橋から5Km歩こう

11日と25日 参加無料

5月11日~6月22日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter