神奈川区版 掲載号:2016年7月28日号 エリアトップへ

六角橋 学生目線で地域交流 8月3日に「六神祭」

社会

掲載号:2016年7月28日号

  • LINE
  • hatena
アイデアを出し合う学生ら
アイデアを出し合う学生ら

 六角橋にある神奈川大学の学生が8月3日、地域交流イベント「六神祭(ろくじんさい)」を同大で開く。六角橋自治連合会や六角橋地域ケアプラザなどと合同で企画したもので、これまで交流がほとんどなかった学生と地元住民との「顔の見える関係」を作る第一歩として期待がかかる。

 住宅街の中心に位置する神奈川大学横浜キャンパスだが、通学路となっている六角橋の住民と学生の間にはほとんど接点がない。六角橋自治連合会の森勤会長は「学生がいる町にしては地域とのかかわりがない。学生目線でのまちづくりをしてみたかった」と話す。

 そこで、六角橋自治連合会と六角橋地域ケアプラザでは、昨年10月から「町×学生プロジェクト」をスタート。「町の取り組みに学生も参加してほしい」という地域側と「地域貢献がしたい」という学生側をマッチングさせる窓口を設けることで交流の機会を作ろうと、複数の学生グループと企画に取り組んでいる。

 六神祭の開催は、ボランティア活動やそのあっせんなどを行う同大ボランティア支援室の岩崎洋斗さん(3年)らが、神奈川区社会福祉協議会を通じてプロジェクトへ企画提案したことがきっかけで決まった。

 「夏休み中の活動として、普段迷惑をかけている六角橋のために何かできないかと、当初は清掃活動を検討していた」と岩崎さん。「同様の活動が既にいくつかあったので、地域の方々に大学や学生のことを知ってもらおうと交流型イベントの六神祭を企画した」と経緯を語る。

一緒に学食も

 当日は事前に六角橋地区の各町内会で募集した70人ほどを前に、書道部や料理部など50人ほどの学生たちがパフォーマンスやワークショップを行うほか、一緒に学食で昼食をとる。7月21日に開かれた会議では、「大学までの案内はどのようにするか」「参加者に着けてもらう名札はどんなデザインが良いか」など細かな部分の確認も行われた。森会長は「学生たちに卒業しても”良い町だったよね”と思ってもらえるきっかけ作りになれば」と期待する。

 プロジェクトの窓口を務める同ケアプラザの原島隆行さんは「六神祭を皮切りに、今後さらに企画を仕掛けたい」と話している。

神奈川区版のトップニュース最新6

ピッチ外でも仕事に汗

Y.S.C.C.横浜河辺選手

ピッチ外でも仕事に汗 社会

収入確保へ地元企業支援

6月10日号

GIGAスクール 初めの一歩

GIGAスクール 初めの一歩 教育

神大寺小で端末「開封式」

6月10日号

クリアファイルで地域愛育む

菅田地区

クリアファイルで地域愛育む 社会

社協とケアプラ協力し作成

6月3日号

「暮らしの安心」実現に力

「暮らしの安心」実現に力 社会

神奈川区 運営方針示す

6月3日号

ホップ栽培でビール醸造

神奈川大学

ホップ栽培でビール醸造 教育

キャンパス緑化にも一役

5月27日号

商店街「熱唱」でPR

反町駅前通り

商店街「熱唱」でPR 社会

オリジナルソング考案

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

アロマワックス講座

アロマワックス講座

沢渡三ツ沢地域ケアプラで

6月14日~6月14日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter