神奈川区版 掲載号:2016年8月25日号 エリアトップへ

横浜ビール 横浜産小麦のビール販売 新麦仕込みで登場

文化

掲載号:2016年8月25日号

  • LINE
  • hatena
左から横浜ビールの太田社長、生産者の岩崎さん、醸造長の五條さん(8月9日、新麦ビールお披露目会にて)
左から横浜ビールの太田社長、生産者の岩崎さん、醸造長の五條さん(8月9日、新麦ビールお披露目会にて)

 地ビールの醸造販売を行う(株)横浜ビール=中区=から、瀬谷区にある岩崎農園で作られた小麦を使ったビールが販売されている。商品名はずばり「瀬谷の小麦ビール」。8月にお披露目された新麦ビールは、岩崎良一さんの写真入りラベルで、「生産者の思いを伝えたい」という同社の思いが表れている。

 元々小麦の生産が多かった瀬谷区だが、安い輸入小麦に押され生産量が激減。市内で小麦を生産する農家は他にもあるが、商品として出荷する農家は僅かだ。2014年から横浜ビールが小麦の生産を委託。今年は種まきから麦ふみ、収穫まで同社スタッフが手伝い、約1300kgを収穫した。

 「横浜に小麦があることをもっと知ってもらいたい」と岩崎さん。新麦ビールは「飲む瞬間にふわっと小麦の香りがする。すっきりとした飲み心地でどんな料理にも合う」と太鼓判。同社の太田久士社長は、「地元の人が誇りに思ってもらえるビールになれば。ピザや麺など、瀬谷の小麦を扱う飲食店が増えたら嬉しい」。

「瀬谷の小麦ビール」は6本3100円
「瀬谷の小麦ビール」は6本3100円

神奈川区版のローカルニュース最新6

夫唱婦随 妻に捧げる受章

夫唱婦随 妻に捧げる受章 社会

瑞宝双光章 河原史郎さん

6月10日号

ランチタイム 音楽に浸る

ランチタイム 音楽に浸る 文化

かなっくホールコンサート

6月10日号

多彩な演奏満喫

多彩な演奏満喫 文化

区役所でみんなの文化祭

6月10日号

「住みよいまち」へ活動発表

神奈川区民協議会

「住みよいまち」へ活動発表 社会

6月10日号

「議会を身近に」

「議会を身近に」 政治

横浜市会 清水議長に聞く

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter