神奈川区版 掲載号:2016年8月25日号 エリアトップへ

横浜ビール 横浜産小麦のビール販売 新麦仕込みで登場

文化

掲載号:2016年8月25日号

  • LINE
  • hatena
左から横浜ビールの太田社長、生産者の岩崎さん、醸造長の五條さん(8月9日、新麦ビールお披露目会にて)
左から横浜ビールの太田社長、生産者の岩崎さん、醸造長の五條さん(8月9日、新麦ビールお披露目会にて)

 地ビールの醸造販売を行う(株)横浜ビール=中区=から、瀬谷区にある岩崎農園で作られた小麦を使ったビールが販売されている。商品名はずばり「瀬谷の小麦ビール」。8月にお披露目された新麦ビールは、岩崎良一さんの写真入りラベルで、「生産者の思いを伝えたい」という同社の思いが表れている。

 元々小麦の生産が多かった瀬谷区だが、安い輸入小麦に押され生産量が激減。市内で小麦を生産する農家は他にもあるが、商品として出荷する農家は僅かだ。2014年から横浜ビールが小麦の生産を委託。今年は種まきから麦ふみ、収穫まで同社スタッフが手伝い、約1300kgを収穫した。

 「横浜に小麦があることをもっと知ってもらいたい」と岩崎さん。新麦ビールは「飲む瞬間にふわっと小麦の香りがする。すっきりとした飲み心地でどんな料理にも合う」と太鼓判。同社の太田久士社長は、「地元の人が誇りに思ってもらえるビールになれば。ピザや麺など、瀬谷の小麦を扱う飲食店が増えたら嬉しい」。

「瀬谷の小麦ビール」は6本3100円
「瀬谷の小麦ビール」は6本3100円

神奈川区版のローカルニュース最新6

認知症理解へ 冊子制作

認知症理解へ 冊子制作 社会

六角橋中心に啓発広がる

5月19日号

所属委員会決まる

横浜市会

所属委員会決まる 政治

定例会も開会中

5月19日号

「避難行動計画の作成を」

横浜市

「避難行動計画の作成を」 社会

「マイ・タイムライン」認知度低く

5月19日号

開催概要を発表

横浜音祭り

開催概要を発表 文化

約250のプログラムを展開

5月19日号

将来像描く意見交換会

山下ふ頭

将来像描く意見交換会 社会

市内4カ所で実施

5月19日号

横浜大空襲から平和学ぶ

横浜大空襲から平和学ぶ 社会

関内ホールで戦争展

5月19日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook