神奈川区版 掲載号:2016年9月15日号 エリアトップへ

ものづくり関東大会 中里さん(神工高3年)が優勝 強豪おさえ県勢初の栄冠

教育

掲載号:2016年9月15日号

  • LINE
  • hatena
真剣な表情で組み立てる中里さん
真剣な表情で組み立てる中里さん

 第16回高校生ものづくりコンテスト関東大会(木材加工部門)が9月4日、日本工学院八王子専門学校で行われ、県立神奈川工業高校建設科3年の中里拓深さんが神奈川県勢で初めて優勝した。

 中里さんが関東大会に駒を進めたのは2回目。昨年は21位と頂点には程遠い結果だった。「目標を高く持てば、夢は叶うんだ」。学校名と名前が読み上げられた瞬間、中里さんは立ち上がって観客席で見守る父親に両拳をあげた。

 全国の高校生が「ものづくり」の技術を競うこの大会。電気工事など6部門が行われ、開催地枠やシードを含む1都6県から29人が出場した木材加工部門では、2時間30分で課題図に従って与えられた材料を加工し、組み立てて完成させるまでの作業と完成品が審査される。中里さんは持ち前の強心臓で淡々と作業を進め、制限時間に余裕をもって完成品を提出。しかし「(作業場となった)ステージの床が柔らかくて手こずった」と明かす。

 毎年、県立前橋工業高校=群馬県=が上位独占するのが常だった。中里さんを指導する大西堅司教諭は「3位、2位と前橋工業高が続いて”今年も上位を固められた”と思ったが、優勝の発表で『かな…』と聞こえて」と、神奈川県勢初優勝の瞬間を振り返る。

全国の頂点めざす

 中里さんの実家は茅ヶ崎市にある神輿店。同高には「校章が格好よかったから入学した」と茶目っ気たっぷりに語るが、ひとたび道具を握れば真剣そのもの。大西教諭の方針で練習以上に道具の手入れにも力を入れており、大会前日は自宅で深夜1時までノミを研いだという。

 県大会前には、大西教諭と全国大会出場を目標に掲げていた中里さん。「苦しかったけど練習してよかった」と胸をなでおろす。北海道で開催される全国大会は11月12日・13日。関東ブロック代表として、全国から勝ち上がってきた9人と大臣賞(優勝)を争う。

神奈川区版のトップニュース最新6

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

11月26日号

「偽造」見抜き逮捕貢献

横浜銀行大口支店職員

「偽造」見抜き逮捕貢献 社会

免許証「光の反射に違和感」

11月26日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

大賞に精華小の大澤さん

鎌倉文学館こども文学賞

大賞に精華小の大澤さん 文化

夏の思い出、独創的な詩に

11月19日号

積小為大、栄誉の受章

秋の褒章

積小為大、栄誉の受章 文化

黄綬の2人「支えあってこそ」

11月12日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、若年層にネット活用

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク