神奈川区版 掲載号:2016年12月22日号 エリアトップへ

三ツ沢小 プロ指導で能楽に触れる 240人が「船弁慶」に挑戦

文化

掲載号:2016年12月22日号

  • LINE
  • hatena
怨霊に立ち向かう義経(右)
怨霊に立ち向かう義経(右)

 横浜市立三ツ沢小学校(八嶋真理子校長)で12月12日、5・6年生約240人を対象に日本の伝統芸能「能楽」の世界に触れる特別授業が行われた。

 これは、文化庁が主催する「文化芸術による子供の育成事業」の一環で行われた。11月には事前講座が行われ、公益財団法人梅若研能会の観世流能楽師らが講師となり、演目『船弁慶』の解説をはじめ、能楽特有の歩き方や声の出し方、風景描写や心情を朗唱する「謡(うたい)」などを児童にレクチャー。これを踏まえ今回、児童たちは体育館に設置した舞台で能楽師と一緒に演じた。

児童全員で「謡」を披露

 源義経役には、6年生の正木翔汰さんが抜てきされ、台町在住の能楽師・伊藤嘉章さん演じる怨霊(平知盛)に立ち向かう場面などを見事に演じきった。また、参加児童全員で練習を重ねてきた謡も披露し、物語の世界を盛り上げた。

 正木さんは「衣装が動きづらくて動作をとるのが難しかったけど、演じてみて楽しかった」と笑顔で話した。伊藤さんは「古いものの中にも何か新しい発見があるかもしれない。今後も日本の文化や芸術に触れていってほしい」と思いを語っていた。

神奈川区版のローカルニュース最新6

東儀秀樹コンサート

東儀秀樹コンサート 文化

秦野市で3月5日

1月20日号

「介護大賞」支援で感謝状

「介護大賞」支援で感謝状 社会

神奈川福祉事業協会などに

1月20日号

無病息災、炎に願い

無病息災、炎に願い 社会

八幡神社でどんど焼き

1月20日号

ネット被害防止講座

ネット被害防止講座 社会

反町ケアプラで2月20日

1月20日号

ダンスと打楽器の共演

ダンスと打楽器の共演 文化

かなっくホールで2月10日、11日

1月20日号

キャンペーン23日まで

移動支援アプリ「マイルート」

キャンペーン23日まで 社会

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 12月9日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook