神奈川区版 掲載号:2016年12月22日号 エリアトップへ

県立高校PTA広報紙コンクール 区内2校が入賞 応募総数78校から

教育

掲載号:2016年12月22日号

  • LINE
  • hatena
神奈川総合高の広報部(上)と写真が評価された神奈川工業高の会報
神奈川総合高の広報部(上)と写真が評価された神奈川工業高の会報

 神奈川県立高等学校PTA連合会大会が12月3日にパシフィコ横浜で開催され、区内にある神奈川総合高校パートナーズ広報部(當舎(とうしゃ)緑代表)と神奈川工業高校PTA広報委員会(新見(にいみ)順奈委員長)が「PTA広報紙コンクール」で表彰された。

 同コンクールは、県立高等学校PTA連合会が所属PTAの発行する広報紙を募集し表彰するもので、広報活動の活性化を目的に毎年開催されている。

 40回目となった今年は、県内78校から応募があり、神奈川総合高が優秀賞の一つ「(一財)神奈川県立高等学校安全振興会賞」、神奈川工業高が「安全振興会写真賞」に選ばれた。

常連校の神奈川総合

 毎年のように優秀賞を受賞している神奈川総合高校。広報部員17人は「子どもたちの充実した高校生活を忠実に反映させること」を目標に掲げ、年間3回、A4判20ページを手掛ける。応募したのは、デイキャンプやスポーツ大会などを取り上げた広報紙。「すごろく仕立て」の構成やカラフルな色使いが評価された。

 當舎代表は「伝統を途絶えさせないよう、先輩たちに負けないよう頑張って活動してきました。例年より応募期間が早まり不安だったので喜びもひとしおです」と安堵の表情を浮かべる。

初受賞の神奈川工業

 7回目の応募で初めて入賞した神奈川工業高校は、23人の委員が年3回、A4判8ページ〜12ページの広報紙づくりに励む。今回の受賞は、これまで定番の学校行事を掲載していたものを、学校の特長を内外に紹介できるような広報紙にしようと、昨年から新たな視点で取り組んできた成果だ。評価されたのは表紙。機械科の溶接実習の授業風景をとらえた写真は、来年度の安全振興会の冊子に使用される予定。

 新見さんは「今後も工業高校らしさ、素晴らしさを伝えられるように活動していきたい」と喜んでいた。

神奈川区版のトップニュース最新6

「交流拠点」 空き家に活路

「交流拠点」 空き家に活路 社会

子安台で有志ら活動

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

迅速対応で不審火消す

迅速対応で不審火消す 社会

菅田町の企業に消防表彰

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 経済

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

食の多様性「ビーガン」商機

風と光

食の多様性「ビーガン」商機 社会

カップ麺など商品充実

10月8日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 社会

将来の労働力不足に対策

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク