神奈川区版 掲載号:2017年2月2日号 エリアトップへ

第8回「わが町かながわとっておき」写真コンテスト一般部門で最優秀賞を獲得した 川島 正義さん 白幡向町在住 47歳

掲載号:2017年2月2日号

  • LINE
  • hatena

千載一遇を追い求めて

 ○…「神奈川区らしさ」を1枚の写真に表現する「わが町かながわとっておき」写真コンテストの一般部門で最優秀賞を獲得。作品は『冬晴れ』と題してダイヤモンド富士と区の街並みを捉えた。天候、季節、時間の条件が揃ったときにしか生み出せない貴重な一枚だという。「自宅から近い撮影スポットなので、いつもタイミングを伺っていた。渾身の1枚が選ばれて嬉しい」と喜びを語った。

 ○…白幡向町で生まれ、47年間過ごしてきた。大学で電子工学を学び、防犯カメラを製造する工場に就職。2000年にパソコンを購入したことをきっかけに趣味で写真を始めた。思い出に残っている一枚は30万画素のカメラを持ち、始めて最初に訪れた箱根の大観山から収めたダイヤモンド富士。「壮大さ」や「美しさ」に惹かれそれ以降、富士山の写真を撮るようになった。

 ○…「ダイヤモンド富士はたくさんの要素がタイミングよく揃ったときにはじめて良い写真が撮れる」。この難しさが楽しさを惹きだす魅力だという。一眼レフのカメラを5台所有し、撮影スポットを導き出す「カシミール」という地理情報システムも駆使。その時、その場所でしか撮ることのできない一枚を追い求める。富士山から近い富士五湖周辺から池袋にあるサンシャイン60展望台まで撮る場所は様々。ダイヤモンド富士が撮れるチャンスは一つのスポットで年に1回から2回。「良い写真のためならどこへでも行く」と目を輝かせる。

 ○…母親と2人で暮らす。スポーツが好きで20代の頃から地元の仲間と三ツ沢にあるコートでテニスを楽しんでいたが、忙しく会う頻度も減ってしまったという。最近は撮影スポットで出会うカメラマンと情報交換をすることが一番の楽しみだ。「撮り方のテクニック等、教え合うことがモチベーションになっている」と今後も渾身の1枚に挑んでいく。

神奈川区版の人物風土記最新6

鈴木 正基(まさき)さん

4月から自主団体として独立した「はれ晴れウォーク」の代表を務める

鈴木 正基(まさき)さん

六角橋在住 71歳

5月7日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月22日号

日比野 政芳さん

神奈川区長に就任した

日比野 政芳さん

南区在住 56歳

4月15日号

秋本 剛さん

神奈川警察署長に就任した

秋本 剛さん

新浦島町在住 56歳

4月8日号

頼(らい) 栄明(よしあき)さん

地域情報を発信するサイト「神大寺ナビ」を手掛ける

頼(らい) 栄明(よしあき)さん

神大寺在住 41歳

4月1日号

町田佳子さん

横浜市内唯一のワイナリー「横濱ワイナリー」の代表、醸造家

町田佳子さん

横浜市在住 

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

六角橋から5Km歩こう

六角橋から5Km歩こう

11日と25日 参加無料

5月11日~6月22日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter