神奈川区版 掲載号:2017年2月9日号 エリアトップへ

なでしこブランド 区内から2社1団体認定 女性の活躍促進で

社会

掲載号:2017年2月9日号

  • LINE
  • hatena
なでしこブランドの認定証を受け取る企業・団体
なでしこブランドの認定証を受け取る企業・団体

 企業・団体から女性が開発した商品を県が認定する「神奈川なでしこブランド」が1月25日に発表され、区内からは京浜急行電鉄株式会社(原田一之社長)、株式会社ウーマンズ・ワーク(萩原久美子代表)、加工俱楽部かながわ(鈴木キヌ江代表)の2社1団体が選ばれた。認定を受けた企業・団体は2月4日、マークイズみなとみらいで認定式を含むPRイベントに参加した。

 なでしこブランドは女性の活躍を促進しようと、2014年から実施。女性が開発に貢献した商品を県内の企業や団体から募集し、優れた商品を「神奈川なでしこブランド」に認定。今まで74件が選ばれている。

 2017年度は69件募集があり、食料品・飲料で6件、生活・文化用品10件、住宅1件、サービス3件の計20件が選ばれ、区内からは2社1団体が選定された。認定された企業・団体は2月4日にPRイベントに参加し、商品の展示やPRを行った。認定を受けた商品は県が指定したロゴマークを付けることができる。

女性目線で発信

 働く女性をメインターゲットに置き、女性目線で三浦半島の新たな楽しみ方を発信した京浜急行株式会社の「葉山女子旅きっぷ」が選ばれた。企画立案から店舗選定や撮影、製作物まで全て女性社員が行った。開発に携わった伊藤綾香さんは「女性社員のこだわりが詰まった商品ですので、とても嬉しかった」と感想を述べた。

心配りのある住宅提供

 株式会社ウーマンズ・ワークの「新築なでしこHOME」は社員が全員女性であることから女性としての経験、心配り、繊細さをもった、こだわりの新築注文住宅を提供していることが評価を受け選出された。萩原代表は「なでしこブランドの認定は念願だった。社員9人が協力してやっとの思いで理想のかたちになった注文住宅がなでしこブランドに選ばれ、とても嬉しいです」と喜びを語った。

無添加にこだわり

 「4カ月間こだわり抜いて開発したので、選ばれて嬉しいです」。加工俱楽部かながわの「キャベツがもっと食べたくなるドレッシングシリーズ」は鈴木代表をはじめ、キャベツ農家の主婦6人が開発。地元農産物を原料として無添加にこだわり研究を重ね、地域の子どもが安心して食べられる商品となっている。
 

神奈川区版のトップニュース最新6

児童に学びの場提供

ふれあいっこ三ツ沢

児童に学びの場提供 教育

子ども食堂休止で代替活動

5月13日号

神奈川から学生の頂点へ

ベストオブミス

神奈川から学生の頂点へ 社会

区内の保川さん、県代表に

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

入江にサテライト開設

区地域子育て支援拠点かなーちえ

入江にサテライト開設 社会

未就学親子に無料開放

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

5月7日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

六角橋から5Km歩こう

六角橋から5Km歩こう

11日と25日 参加無料

5月11日~6月22日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter