神奈川区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

日産横浜工場 交通安全願い寄贈 新入学児童へ配布

社会

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena
目録を渡す田代総務部長(右)と板橋会長、寄贈された反射チャーム(下)
目録を渡す田代総務部長(右)と板橋会長、寄贈された反射チャーム(下)

 一般財団法人横浜市交通安全協会(板橋悟会長)は2月6日、ロイヤルホールヨコハマで交通安全に役立つ反射チャームを寄贈したとして日産自動車株式会社横浜工場(村田和彦理事工場長)に感謝状を贈呈した。

 式典には、日産自動車(株)横浜工場から田代亘総務部長が出席し、寄贈内容を記した目録を板橋会長に手渡した。板橋会長は「毎年のご支援ありがとうございます。子どもたちの交通安全教育に役立てたい」と感謝を述べた。

 同社は児童の交通事故防止を願い、募金活動等を行う「ハローセーフティキャンペーン」で従業員と本社から募金を集め、交通安全啓発物を購入。1992年から横浜市教育委員会を通じて「教育用ビデオテープ」を市内小学校に順次配布し、2012年まで続けた。翌年から児童が直接手にできる交通安全を啓発する物品を神奈川区と鶴見区の新入学児童に向けに贈っている。

4400個寄贈

 2017年はお守り型の反射チャームを神奈川区の全小学校21校と鶴見区の全小学校23校に4400個を寄贈。新入学児童へ市交通安全協会を通して配布される予定となっている。

神奈川区版のローカルニュース最新6

放課後キッズらの作品展

放課後キッズらの作品展 文化

区役所別館で開催中

2月13日号

新入児童に「光るお守り」

新入児童に「光るお守り」 社会

日産自が反射材寄贈

2月13日号

犯罪被害者支援に感謝状

犯罪被害者支援に感謝状 社会

神福協らの助成に対し

2月13日号

防火川柳に3作品

「こぶし」はいつ咲く?

福祉の仕事身近に

工作や調理を体験

工作や調理を体験 社会

ボーイスカウトら50人参加

2月6日号

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク