神奈川区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

NPOマメポニを設立し、ポニーのふれあいを通じて動物介在教育活動を進める 小森 明美さん 栗田谷在住 63歳

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena

馬で「生命」を感じて

 ○…「ポニーは話すことができないけど、体温を感じることで生きているとわかる。それが大事」。2歳から小学校低学年までの子どもとポニーを引き合わせ、触れたり、乗ったりしながら交流を促すイベントを企画。市内で行われる催しに参加したり、区内の小学校に出向くことも。「動物は嫌なこと、嬉しいことは素直に行動で伝えるから人の気持ちを考える訓練になる。もっと活動を広げていきたい」と小さい子どもの心を育む活動に尽力する。

 ○…東京都荒川区出身。マザー牧場で乗馬体験をしたことをきっかけに馬術を始め、横浜市馬術協会に入った。結婚に合わせて栗田谷に移り住み介護の仕事に勤しみながら、30年近く三ツ沢公園で馬術を続けている。長く続けるのは「午年だから馬が好き」と答えるが、「馬に乗ることがハレの空間。誰にも邪魔されず自分の時間が過ごせる」と馬に乗る心地よさでやめられないのが正直なところだ。

 ○…「60歳を超えたら自分に正直に生きたい」と59歳のときに介護職を離れ、娘に孫が生まれたことで転機が訪れる。「馬とかかわりながら、孫のためになることがしたい」と動物介在教育活動に興味を持ち、学会に所属。59歳の秋に娘がサポートに付きNPO法人マメポニを設立し、10人で活動をしている。ポニーは茨城県で放牧しているため、イベント時の運送だけで月に15万円以上かかる。公共機関から助成金を集めどうにか活動を行っているが、厳しいのが現状。現在は地域の学童施設で働くことで賄っている。それでも「馬に触れ、身を任せる子どもの表情をみると続けたくなる」と意気を込めた。

 ○…栗田谷には夫婦で住む。5人家族で娘と息子も馬術を趣味に持つことから、家族が集まると馬の話しばかり。「話題に入れないお父さんがかわいそう」と笑う。今ではイベントに夫も参加する。「家族で共通の趣味があるのはとても楽しい」と嬉しげに話す。

神奈川区版の人物風土記最新6

鈴木 正基(まさき)さん

4月から自主団体として独立した「はれ晴れウォーク」の代表を務める

鈴木 正基(まさき)さん

六角橋在住 71歳

5月7日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月22日号

日比野 政芳さん

神奈川区長に就任した

日比野 政芳さん

南区在住 56歳

4月15日号

秋本 剛さん

神奈川警察署長に就任した

秋本 剛さん

新浦島町在住 56歳

4月8日号

頼(らい) 栄明(よしあき)さん

地域情報を発信するサイト「神大寺ナビ」を手掛ける

頼(らい) 栄明(よしあき)さん

神大寺在住 41歳

4月1日号

町田佳子さん

横浜市内唯一のワイナリー「横濱ワイナリー」の代表、醸造家

町田佳子さん

横浜市在住 

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

六角橋から5Km歩こう

六角橋から5Km歩こう

11日と25日 参加無料

5月11日~6月22日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter