神奈川区版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

海洋冒険家白石康次郎さん 幸ヶ谷小で「冒険授業」 児童705人にエール

教育

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena
児童の質問に答える白石さん
児童の質問に答える白石さん

 海洋冒険家・白石康次郎さん(49)が2月13日、幸ヶ谷小学校(小正和彦校長)を訪れ、全校児童に向けて世界を1周するヨットレース「ヴァンデ・グローブ」出場時の応援に対して感謝を述べ夢の大切さを伝えた。

 白石さんは26歳の時、ヨットで世界一周を単独無寄港無補給で成し遂げ、当時史上最年少記録を樹立。数々のヨットレースやアドベンチャーレースで活躍する海洋冒険家として知られている。

 昨年11月に世界一過酷なヨットレースといわれる「ヴァンデ・グローブ」に出場中、幸ヶ谷小学校の全校生徒が通信ソフトウェアを通じて応援メッセージを届けた。感謝を伝えるために来校し、全児童705人が参加する全校集会で「冒険授業」を行った。

レースを報告

 白石さんは、児童らの盛大な拍手とともに壇上に上がり、「レース中は応援ありがとう。マストが折れて28日目で途中棄権になってしまったのは残念だけど、全力を出し切りました。それも皆さんが応援してくれたおかげです」と述べ、「また挑戦します」と誓った。

 映像を交えてレースを振り返る中で「船酔いはするし、センスがある方じゃない。でもヨットが好きだから続けている」と語り、「得意な事と好きな事は違う。好きって気持ちはいつまでも続ける原動力になる。今から好きなことを全力でやってほしい」とエール。

 「レース中に不安になることはないのか」と児童からの質問に対しては「不安を感じたことはない。ヨットは常に何がおこるかわからないから準備を一生懸命やる。それが自信になる」と準備の大切さを説いた。

「夢中になれ」

 全校集会の後、卒業する6年生と「夢」を語った。「塾の先生になりたい」や「水泳選手になりたい」と児童が夢を発表。白石さんは「ヨット一筋、ずっと好きなことだけをやっている。それでも仲間がたくさんできたのは夢中にやったから。皆も好きな事を夢中になれる大人になって」と訴えた。

 6年生の関谷七海さんは「どんなに辛いことがあっても笑顔で立ち向かう勇気が湧いた。私も夢に向かって頑張るから、白石さんも次のレースを頑張ってほしい」と笑顔で話した。

神奈川区版のトップニュース最新6

中高年層支援に着手

ひきこもり対策

中高年層支援に着手 社会

市、「8050問題」踏まえ

2月27日号

防災、子育てなどに重点

区予算

防災、子育てなどに重点 政治

自主事業に1億600万円

2月27日号

交通弱者に快適な移動を

神奈川トヨタ自動車

交通弱者に快適な移動を 社会

タクシー向け講習 「なでしこ」認定

2月20日号

空き家相談 周知に課題

空き家相談 周知に課題 社会

窓口開設も利用者低調

2月20日号

「もの忘れ検診」開始

横浜市

「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上対象に無料で

2月13日号

「電気火災」が増加

出火原因消防まとめ

「電気火災」が増加 社会

火使わない機器にも注意を

2月13日号

「奮闘努力」全国で結実

横浜創英高校バトン部

「奮闘努力」全国で結実 スポーツ

ダイナミックな演技が高評価

2月6日号

あっとほーむデスク

  • 2月27日0:00更新

  • 2月20日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク