神奈川区版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

地元野菜を活かし、無添加ドレッシングを開発した 鈴木 キヌ江さん 菅田在住 70歳

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena

農家熟練の技を商品化

 ○…菅田地区の農家でキャベツの生産をする傍ら、加工俱楽部かながわを設立。「キャベツがもっと食べたくなるドレッシングシリーズ」を開発し、このほど「神奈川なでしこブランド」の認定を受けた。「選ばれてとても光栄。これからは商品の質を保つことがますます大切になる。責任感が増した」と姿勢を正す。

 ○…厚木市で生まれ、養蚕を営む家庭で育った。23歳で菅田の農家へ嫁ぎ、主婦として農業に従事した。初めはトマトやナスなどの栽培をしていたが、高齢化の波に押され次第に手間のかからないキャベツへと移行。かながわブランド「横浜キャベツ」の代表産地となった現在はキャベツを春と秋の二毛作で生産し、出荷している。

 ○…4年前、JA横浜が運営する直売所「メルカートかながわ」を訪れた際、店頭の品数に寂しさを感じた。「野菜や果物だけでなく、加工品を置いたら、彩りが生まれる」と思いついたのがはじまり。同じくキャベツ農家の女性に声をかけたところ6人が集まった。「農家の女は漬け物やジャムなどはお手のもの。あとは商品化することが課題だった」と製法技術や衛生管理を県農業技術センターの指導を受け商品化。「横浜キャベツをたくさん食べてほしい」と自家用に栽培している野菜や果物を活かした無添加のドレッシングが完成した。「畑仕事がある中で皆が集まってやるのは大変だったし、製造するのに時間がかかった」と振り返るが、今では「作業が慣れたから効率よく生産できるようになった」と成長を実感する。

 ○…加工場の仲間とは意気投合し、月に一度ホテルや中華のコース料理を食べに行くことが楽しみになっている。毎年成人式には美容院に出向き、二十歳を迎える女性の着物の着付けを15年以上担当している。「新成人は元気があってキラキラしている。その笑顔が素敵でやめられない」と笑顔を覗かせた。
 

神奈川区版の人物風土記最新6

金子 斐さん

区内の子育てママ合唱団「マミムジカ」で代表を務める

金子 斐さん

六角橋在住 32歳

9月19日号

小泉 孝介さん

中学男子柔道81kg級で全国3位となった

小泉 孝介さん

六角橋中3年

9月5日号

西山 修浩さん

陽光院の住職として、仏教に親しめる企画を多数開催している

西山 修浩さん

三ツ沢中町在住 41歳

8月29日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 75歳

8月22日号

伊坂 重憲さん

神奈川福祉事業協会の会長を務める

伊坂 重憲さん

鶴屋町在勤 69歳

8月8日号

今井 瑛之さん

神奈川区防犯指導員連絡協議会の会長に就任した

今井 瑛之さん

七島町在住 77歳

8月1日号

太田 雄一郎さん

(公社)横浜市獣医師会の会長に就任した

太田 雄一郎さん

港南区在住 65歳

7月25日号

あっとほーむデスク

  • 9月5日0:00更新

  • 8月29日0:00更新

  • 8月22日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク