神奈川区版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

ヘルプマーク導入へ(中) 見えない障害を”見える化”

社会

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena
多機能トイレの表示
多機能トイレの表示

 病気や外見からは分かりにくい障害がある人などが、周囲に援助や配慮の必要を伝える「ヘルプマーク」。神奈川県も今年3月末までに導入を予定している。外見からは分かりにくいハンディの一つである「オストメイト(人工肛門・膀胱がある人)」らからなる団体、「横浜オストミー協会」会長の山田初男さんはマークの導入に期待感を抱く。

内部障害認知のきっかけに

 オストメイトが実際にどのようなハンディを持ちながら日常生活を送っているのかについて、知識のない人も多い。そのため山田さんによると、日々の中でオストメイトに対する、周囲の理解が得られない場面があるという。中でも多いのは、多目的トイレの利用時に言われる「健康な人は使わないでください」という指摘。オストメイトは排泄物を一度袋で受け止め、それを専用トイレに流す必要がある。専用トイレは、多目的トイレ内に設置されていることが多い。慣れない人は10分以上かかり、袋から内容物が漏れた時などはさらに時間を要する。「ほかの利用者を待たせてしまい冷たい目を向けられることや、言い争いになるケースもあると聞いている」。ヘルプマークの提示は、そのような誤解やトラブルを防ぐ効果も期待できる。

 横浜市障害者連合会の副理事長でもある山田さんは「障害者には、それぞれの症状や事情がある」と話し、「『ヘルプマークを配ったからそれで良し』としてほしくない」と訴える。大切なのは、さまざまな障害を抱える人が社会で共生していることを周囲が認識することだ。「赤くて見やすいこのマークが、『目に見えない障害』が広く知られるきっかけになれば」    (続く)

神奈川区版のローカルニュース最新6

市場の野菜ソムリエ直伝

市場の野菜ソムリエ直伝 社会

いいものの見分け方学ぶ

2月27日号

華麗な足技で魅了

華麗な足技で魅了 スポーツ

フットバッグ王者 浦島小来校

2月27日号

幼保施設の防災考える

幼保施設の防災考える 社会

区と横浜市大の連続講座

2月27日号

五輪意識し「和」

アイスクリームフェス

五輪意識し「和」 社会

メーカー14社が展示会

2月27日号

地域の高齢者が交流

西大口町内会

地域の高齢者が交流 文化

津軽三味線聴き入る

2月27日号

反町駅前に逸品ずらり

かながわ宿ブランド物産展

反町駅前に逸品ずらり 経済

2月27日号

福祉施設に物品を寄贈

日産横浜工場

福祉施設に物品を寄贈 社会

2月27日号

あっとほーむデスク

  • 2月27日0:00更新

  • 2月20日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク