神奈川区版 掲載号:2017年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

大口台小6年生 感謝の気持ちを歌に 大口通商店街でコンサート

社会

商店街で歌う児童たち
商店街で歌う児童たち
 地域の人たちに感謝の気持ちを伝えようと、大口台小学校(高根順校長)=大口仲町=の6年生児童77人が2月27日、大口通商店街(渡辺誠理事長)で歌4曲を披露した。録音した音源はCDとして児童にプレゼントされるほか、3月17日までの1日2回、同商店街で放送される。

 卒業コンサートのタイトルは「ありがとうを伝えたい〜地域の方々に感謝の気持ちを〜」。まち探検や職業体験授業などを通じて親交を深めてきた商店街への感謝の気持ちを歌に込め、児童らが企画したものだ。

 この日のために練習に励んできた児童77人は、商店街関係者や保護者などが見守る中、『桜の下で』『ふるさと』『旅立ちの時』を熱唱した。観客からのアンコールを受け、卒業式で歌う予定の『地平線の彼方から』も披露。会場となったシンボルタワー前の会場は、大いに盛り上がった。

 同商店街では、コンサートの様子を録音しており、渡辺理事長は「CDにして児童らにプレゼントしたい。卒業式のある3月17日までの1日2回、商店街のスピーカーを通じて放送する予定だ」と話している。

 毎月1回音楽朝会を実施するなど、音楽教育に力を入れている同校は、「地域連携」を重点取組分野の一つに掲げている。「大口のまちに生きる子」の実現に向け、地域や近隣の学校と連携した交流を推進しており、合唱部は毎年、同商店街でXマスコンサートを開催している。

トレッサ横浜

大切な人に思いを伝えよう。ハートDays開催!

http://www.tressa-yokohama.jp/

<PR>

神奈川区版のトップニュース最新6件

加入者数 目標の4割

ハマの自転車保険

加入者数 目標の4割

1月18日号

新浦島橋が開通

新浦島橋が開通

1月18日号

1万4千戸「再生」へ

市営住宅

1万4千戸「再生」へ

1月11日号

地域の課題解決、協働で

いのち輝く社会  実現を

黒岩知事インタビュー

いのち輝く社会 実現を

1月4日号

菅田小が「小規模校」に

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「焼物を通じて何を現わせるか」

フェイアートギャラリー

「焼物を通じて何を現わせるか」

1月26日まで高垣篤 陶展

1月15日~1月26日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク