神奈川区版 掲載号:2017年5月4日号 エリアトップへ

市政報告 小児医療無料化 中3までに 日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

掲載号:2017年5月4日号

  • LINE
  • hatena

 子どもの健やかな成長を願うのは、全世界共通の親の願いではないでしょうか。

 横浜市では今年4月から、子どもの通院医療費助成の対象年齢を小学3年生から小学6年生まで拡大しましたが、拡大された年齢の児童は窓口で1回上限500円の一部負担金が求められます。昨年9月現在、神奈川県内で一部負担金を導入している自治体はありません。

 日本共産党横浜市議団は、助成対象年齢の引き上げには、もちろん賛成ですが、一部負担金の導入は、子育て支援を目的に無料で開始された同制度の主旨に逆行するとして反対しました。県内では、10市町村が所得制限なしで中学3年生まで無料です。

中学校給食の実施要求署名始まる

 市内で、中学校給食の実施を求める2つの市民団体が、署名活動を始めました。

全国の公立中学校の完全給食実施率は88・8%です。20政令市の中で実施していないのは横浜だけです。

 近年、偏った食環境や食習慣から、味覚障害、肥満、痩身傾向が顕著です。

 横浜では「家庭で作る弁当」が基本だと、市長や多くの議員が給食の実施に反対。弁当の持参できない生徒のために始まった「ハマ弁」の喫食率は、0・9%と低迷しています。

税金の使い方を変えると

 横浜市の予算について「興味がない」とか「自分には関係のないこと」と思われがちですが、実は物凄く生活に関わりのあることなのです。

 前述した小児医療費助成制度は、一般会計の約1%の152億円で、所得制限と一部負担金なしで中学3年生まで無料にすることができます。中学校給食を実施するのにいくらかかるかというと。例えば、2018年1月から4年計画で全校実施するとして、初年度は、施設整備費59億円と運営費として3・7億円で実施できることを、私たちは議会で提案してきました。

 東高島駅北地区での大手不動産会社の事業用地を提供するための運河の埋め立てなど、不要不急の大型開発を止めればこれらの施策が実現できます。

 本当に「子育てしやすさ日本一」というのなら、子育て支援策の充実のために税金をつかうのが、本来の行政の仕事です。

 子どもの成長を横浜市がしっかりサポートするように、みなさんがチェックすることも必要です。

宇佐美さやか

神奈川区西神奈川3-2-17

TEL:045-491-6843

http://www.usami-sayaka.jp/

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

神奈川区版の意見広告・議会報告最新6

オデーサ市民の飲用水確保へ緊急支援

市政報告

オデーサ市民の飲用水確保へ緊急支援

自民党横浜市会議員団 小松のりあき

6月23日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月16日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月16日号

公共建築物の維持保全の取り組み

市会レポート

公共建築物の維持保全の取り組み

自民党横浜市会議員 ふじしろ哲夫

6月9日号

信頼そのままに。

意見広告

信頼そのままに。

衆議院議員 中西けんじ

6月9日号

不妊治療の保険適用実現

意見広告

不妊治療の保険適用実現

自由民主党 参議院議員 三原じゅん子/前内閣総理大臣・衆議院議員 菅義偉

6月2日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月2日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook