神奈川区版 掲載号:2017年5月4日号 エリアトップへ

区社協 子ども食堂で独自ルール 地域主体のニーズ受け

社会

掲載号:2017年5月4日号

  • LINE
  • hatena
講演する栗林さん
講演する栗林さん

 子どもの貧困対策として安い価格や無料で食事を提供する「子ども食堂」に注目が集まる中、神奈川区社会福祉協議会はこのほど、地域が主体となり子ども食堂を開始するための独自ルールを設けた。

 昨今のブームを受け、全国には少なくとも300カ所以上の子ども食堂があるという。区内にも飲食店や民間企業が実施しているケースはあるものの、食事を提供するには営業許可が必要で、地域が主体となって取り組むためには、環境面でのハードルが高いのが現状だ。

市内初の試み

 子ども食堂の開設をめぐっては、区はもちろん市にも統一した規定はなかった。そこで、区社協と区生活衛生課が連携し、子ども支援事業の一環として他区に先駆けてルールを作成した。

 「食事を提供する際の神奈川区ルール」には、【1】給食開始届の提出【2】連合町内会または自治会町内会との共催【3】1人以上の食品衛生責任者【4】参加者名簿の作成【5】年1回以上の講習―など5項目が明記されている。

 区生活衛生課では「子ども食堂で食品を提供する際は、食品の取り扱いに注意してください」と食中毒に対する注意を呼びかける。

先駆者招き講座

 区社協は4月20日、子ども食堂運営の第一人者を招いた「子ども食堂作り方講座」をはーと友神奈川=反町=で開催し、区の担当者による独自ルールの説明も行った。

 講演の中でNPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワークの栗林知絵子理事長は「環境が整っていなくても工夫すれば何とかなる。保険は重要。行政にはマップ作成やネットワーク作りをお願いしている」と話し、子ども食堂作りに関心を持つ区民約60人にアドバイスを送った。

 区社協によると、今月から町内会館や地域ケアプラザでも地域主体の子ども食堂がスタートする予定で、担当者は「やりたい方がいればサポートしますので、相談してください」と話している。詳細・問い合わせは、区社協【電話】045・311・2014へ。
 

神奈川区版のトップニュース最新6

三ツ沢小が「大賞」に

日産財団理科教育賞

三ツ沢小が「大賞」に 教育

考え深める教育が高評価

8月22日号

在留外国人対応策を拡充

横浜市

在留外国人対応策を拡充 社会

11言語で困りごと解決

8月15日号

梅雨明けから急増

熱中症

梅雨明けから急増 文化

10代・高齢者の搬送目立つ

8月15日号

「誰もが輝ける社会を」

神奈川小6年椎名柚さん

「誰もが輝ける社会を」 教育

平和スピーチ大会で入賞

8月8日号

暑さ対策 ミスト設置推進

横浜市

暑さ対策 ミスト設置推進 社会

商店街や駅などで整備

8月8日号

食品ロス、アプリで削減へ

横浜市

食品ロス、アプリで削減へ 社会

民間企業と連携

8月1日号

菅田小跡地利用を検討へ

菅田小跡地利用を検討へ 社会

委員会が発足

8月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月22日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

  • 7月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク