神奈川区版 掲載号:2017年5月25日号 エリアトップへ

通訳タブレット 神奈川区も導入 英語、中国語に対応

社会

掲載号:2017年5月25日号

  • LINE
  • hatena
タブレットの使用イメージ
タブレットの使用イメージ

 外国人向けの迅速かつ正確な窓口対応を目的に、テレビ電話通訳サービスを提供するタブレット端末が、5月8日から神奈川区に導入された。外語対応を必要とする人が職員とのやりとりを、タブレット端末画面に映った通訳者を介して、リアルタイムで通訳するサービスを受けられる。

 この端末は昨年5月、市内で外国人が多く在住する中区、鶴見区、南区に先行導入されており今回、外国語対応ニーズが高い神奈川区と西区に拡大された。

 対応できる言語は中国語と英語。必要に応じて区職員がタブレットを操作し、専門のオペレーターとつなげる仕組みだ。

 神奈川区は、今年度の3月時点で外国人が6160人在住している。

戸籍課と子ども家庭支援課に

 区役所の入り口で、区民の手続きも多い戸籍課と福祉保健課や高齢・障害支援課などが近くにあり、保育園の手続きなどで利用者が多いと判断されたこども家庭支援課に各1台が設置された。5月22日時点でタブレットの利用は2人に留まっている。

 これまでも外国人留学生などの来訪者が多くみられる神奈川区では「外国の方の手続きがしやすくなるのでは」と運用に期待している。

特撰手織絨毯展 10月30日~

ルームズ大正堂 新横浜店で人気のギャベ・ペルシャ絨毯など300点以上展示

https://www.rooms-taishodo.co.jp/sale/teori.html

<PR>

神奈川区版のローカルニュース最新6

身近なまち、親子で探検

身近なまち、親子で探検 社会

大神商店会 発足後初の催し

10月29日号

受診控え解消へ無料相談

済生会神奈川県病院

受診控え解消へ無料相談 社会

イオンにブース設置

10月29日号

懐かしの写真募集

懐かしの写真募集 文化

大口1番街

10月29日号

白幡初の地域カフェ

白幡初の地域カフェ 社会

11月から一般開放

10月29日号

地元野菜で商品開発

横浜スイーツ&カフェ専門学校

地元野菜で商品開発 教育

JA横浜とのコラボで

10月29日号

スタンプラリーで特製景品

ガンダムリライズとコラボ

スタンプラリーで特製景品 文化

10月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク