神奈川区版 掲載号:2017年5月25日号 エリアトップへ

4月から神奈川区の消防署長に就任し、減災に尽力する 武笠(むかさ) 基和さん 神奈川区在勤 58歳

掲載号:2017年5月25日号

  • LINE
  • hatena

基本を忠実に区守る

 ○…今年4月から神奈川区の消防署長に就任。170人の署員を牽引し、区の減災に尽力する。「神奈川区は石油コンビナートなどを有する臨海部や昔ながらの街並みが残る住宅密集地もあり、バラエティに富んだ地区の印象を持った」と赴任時を振り返る。同時に「火災や地震の時には、あらゆる災害に対応していかなければならない」と背筋を伸ばし、「区の関係機関や区民の方と連携しながら地域の減災に貢献していきたい」と意気込む。

 〇…川崎市高津区に生まれる。父も消防士を務めていた。事あるごとに家を飛び出していく父をみて「大変な仕事」という印象から子どもの頃は消防士を目指そうとは思わなかった。大学を卒業し、食品関係の会社に就職。3年ほど働く中で「もっと身近に社会貢献ができる仕事に就きたい」との思いが芽生えた。消防士になると決めたのは、地域のために全力で働く父の姿があった。26歳で消防学校に入り、消防士の道を歩み始めた。

 〇…消防学校に通うなかで、救助隊に憧れを持った。先輩の訓練の様子を見て、「かっこいい」と感じたことが素直な気持ち。初めて赴任した勤務地は綱島の救助隊だった。災害現場に赴き、要救助者を迅速に救急隊へ引き継ぐことが重要な役割だ。現場の経験から迅速な動きは、基本の積み重ねが大切になることに気付いた。「普段から基本を振り返ることで、いざというときにスムーズな動きができる」と自負。管理職の立場になった今でも「基本」を大切にする指導を心がけている。

 〇…東日本大震災時には、福島の原子力発電所に水を供給する部隊の副指揮官として舵を取った。署員の安全の確保も大切なことと改めて感じた。「全体を俯瞰する目を大切にしていきたい」と気を引き締める。5人家族で暮らし、その空間が一番リラックスできる場所だ。休日は妻とハイキングに出かけることも楽しみのひとつになっている。

神奈川区版の人物風土記最新6

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月21日号

多田 七望さん

六角橋地域で初開催されたクリスマスパレードの実行委員長を務めた

多田 七望さん

西神奈川在学 19歳

1月14日号

畑中 一希さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

畑中 一希さん

金沢区在住 20歳

1月7日号

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月1日号

日光 萌花さん

六角橋地域で開催された「キャンドルナイト」の実行委員長を務めた

日光 萌花さん

六角橋在学 21歳

12月17日号

川越 理絵さん

菅田小学校のPTA会長で、50周年実行委員長を務める

川越 理絵さん

菅田町在住 40歳

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク