神奈川区版 掲載号:2017年8月17日号 エリアトップへ

(PR)

不定期連載 「なでしこ通信」スタート その1 夏の紫外線対策

掲載号:2017年8月17日号

  • LINE
  • hatena

 済生会神奈川県病院=富家町=が、医療コラム『なでしこ通信』の連載を始めました。第1回目のテーマは「夏の紫外線対策」です。

 特に夏場は紫外線が強く紫外線対策が欠かせませんが、ここでは紫外線対策に有効な日焼け止めの選び方・使い方について触れていきたいと思います。

 一般的な日焼け止めは、紫外線防御効果と使用感を重視し、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤を組み合わせて作られています。紫外線吸収剤は皮膚刺激が生じることがあるため肌の弱い人や子供などは紫外線吸収剤を含まない、いわゆる『ノンケミカル』と言われる製品の使用が推奨されます。

 日焼け止めには紫外線防御効果の指標としてSPFとPA分類が表示されています。平均的な日本人は夏の昼間に20分日光にあたると、翌日にサンバーンを生じますが、SPF15の紫外線防止剤を塗ると20分×15(SPF値)=300分までは日光に当たってもサンバーンが生じないことになります。PA分類は色素沈着をどれくらい防ぐかを示し、PA+〜PA++++までの4段階あり、+が多いほど高い効果があります。実際には汗で流れ落ちたり、拭いたりすることによって数値通りの効果が得られないことを考慮に入れる必要があります。

 また、紫外線防止剤がその効果を発揮するには塗り方も大切です。薄めに塗ってしまうと十分な効果が得られないとされており、たっぷり均一に塗ることが大事になってきます。厚く塗ると白っぽくなってしまいますが、屋外活動の15分前までに塗ると肌に馴染んで白さが目立たないようになります。2〜3時間ごとに重ね塗りすることで、汗や時間経過による効力の減弱を防ぐことができます。

 サンバーンや紫外線による光老化を防ぐためにも、適切な紫外線対策を心がけてください。

 皮膚科の西本周平医師は、一般外来診療のほか皮膚腫瘍の手術にも注力。「気になる皮膚の『しこり』などがあれば気軽に受診してください」と話しています。

■済生会神奈川県病院【電話】045・432・1111
 

済生会神奈川県病院

横浜市神奈川区富家町6-6

TEL:045-432-1111

http://www.kanagawa.saiseikai.or.jp

神奈川区版のピックアップ(PR)最新6

親子で考える 相続税の基本

(株)横浜銀行・旭化成ホームズ(株) 共催

親子で考える 相続税の基本

8月24日 横浜銀行 鶴見支店で無料セミナー

8月15日号

専門医が「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」解説

市民健康セミナー

専門医が「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」解説

出産女性2人に1人が発症

8月8日号

福祉車両の購入費を助成

神奈川福祉事業協会

福祉車両の購入費を助成

施設・団体向け 9月26日締切

8月8日号

市が協力店舗募集

プレミアム付商品券

市が協力店舗募集

24日まで登録受付中

8月8日号

「家族葬」これだけは知りたい10項目とは

8月19日 ラステル新横浜でセミナー

「家族葬」これだけは知りたい10項目とは

お葬式の「誰に聞いたら?」をまとめて学ぼう

8月1日号

夏休みの帰省に「ハマみやげ」

季節限定のチーズケーキがおすすめ

夏休みの帰省に「ハマみやげ」

冷凍で持ち帰りも

8月1日号

有料老人ホーム等の「無料相談会」

有料老人ホーム等の「無料相談会」

22日、23日神奈川公会堂で

8月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月1日0:00更新

  • 7月25日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク