神奈川区版 掲載号:2017年11月16日号 エリアトップへ

子ども食堂、学生の手で 2専門学校がコラボ

社会

掲載号:2017年11月16日号

  • LINE
  • hatena
カフェに集まった親子ら
カフェに集まった親子ら

 子どもの貧困対策として安い価格や無料で食事を提供する「子ども食堂」に注目が集まる中、区内の2つの専門学校が10月から、「スイーツ」や「保育」という、それぞれの得意分野をいかした子ども食堂の運営を始めた。

 社会貢献の一環として運営にあたるのは、横浜スイーツ&カフェ専門学校=西神奈川=と横浜こども専門学校=二ツ谷町=の学生たち。両校は学校法人三幸学園の姉妹校だ。

 昨今のブームを受け、全国には400カ所以上の子ども食堂があるといわれている。区内でも飲食店や民間企業のほか、自治会町内会などの地域が主体となった取り組みも増えてきた。ただ、開催場所やボランティアの確保など、環境面でのハードルが高いのが課題となっている。

学内カフェで

 こうした状況にあって、両校には場所・ボランティアの確保に問題はない。開催場所は、スイーツ専門学校内にある本格的な学内カフェを利用。学生自身が隔週でカフェ店を企画・運営しているノウハウをいかし、栄養バランスを考えた食事を提供する。こども専門学校の学生たちは、一角に設けられたキッズスペースで絵本の読み聞かせなどを行う。カフェ専攻の後藤亜美さん(2年)は「子どもたちから『美味しかった』と言ってもらえるのが一番うれしい」とやりがいを語る。

 この「横浜こども食堂」は、10月10日にオープンした。3回目の開催となった11月7日も大盛況。参加者は「食堂の飾りつけが素敵で、季節の食材もおいしかった」とブッフェスタイルの食事を楽しんでいた。

 今後は火曜日午後5時30分〜7時(月1・2回程度)の開催を予定。子どもは無料(参加は小学生まで)、保護者同伴の場合300円となる。担当者は「孤食対策が本来の目的なので、本当に必要な方に来てもらいたい」と話している。

 詳細は同校【電話】045・276・4632へ。

神奈川区版のトップニュース最新6

建て替え検討へ

神奈川区総合庁舎

建て替え検討へ 社会

市内最古、2030年代に築70年

9月16日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

市役所トイレに無料配布機器

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

高度日本一 3年ぶり挑戦

ハイブリッドロケット

高度日本一 3年ぶり挑戦 教育

神大、全長4mの小型機で

9月9日号

農業活性へ選手協力

Y.S.C.C.横浜

農業活性へ選手協力 社会

荒廃農地での営農目指す

9月2日号

近隣住民も対象に

横浜国大ワクチン集団接種

近隣住民も対象に 社会

9月2日号

見学会のお知らせ

本牧の昔ながらの商店街沿いに新しくグループホームを開所します

https://www.shinkoufukushikai.com/care/grouphome/crossheart-honmoku

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook