神奈川区版 掲載号:2017年11月23日号 エリアトップへ

市政報告 資源化センターの労働環境改善を 日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

掲載号:2017年11月23日号

  • LINE
  • hatena

21世紀の時代にダニの被害とは…

 私は、10月16日に行われた2016年度決算特別委員会の資源循環局審査で、昨年に引き続き、缶、ビン、ペットボトルを選別する鶴見資源化センターでの劣悪な労働環境改善のため、質問しました。

 鶴見資源化センターは市の施設です。昨年、選別作業をしている作業員のみなさんから、労働環境の改善を求める声が寄せられ、当局へ質問し、ダニやゴキブリなどの害虫やダニを連れてくるネズミの出没などを改善することを、局長は約束されました。

 しかし、今回の質問に先立って行った作業員のみなさんとの懇談のなかで、今でもダニの被害が出ていること、さらにパワハラや時給が何年働いていても1円も上がらないことなどが訴えられました。

 質問の中で、今回もスライドを使用し、ダニの被害にあった作業員の肩を映し「ダニの被害は、なくなっていない。現在の消毒は、効果があがっていないのではないか」と質すと、局長は「今より強い薬品をまくのは、人体に危険なため、もっと効果的な消毒の仕方を業者と検討してまいります」と答弁しました。

資源ごみの捨て方周知徹底を

 選別作業をしているみなさんからお聞きしていることで、もう一つ気になったのは、それぞれの資源ごみの捨て方の周知不足からか、缶を潰してしまう、ビンと陶器の区別がつかないのか一緒に捨てる、ペットボトルはキャップもラベルもついたままということが多いということです。

 本来なら、選別が主な作業であるのに、キャップを外す、ラベルをはがす手間のかかる作業も加わり、大変な苦労をしているということでした。

 作業員の負担軽減と資源ごみを次の製品にするための良い原料にするために、市民にしっかりと資源ごみの捨て方ルールをお知らせすることだけでなく、ゲーム感覚でペットボトルの正しい捨て方が身に着くイベントを開催することや、飲料メーカーにも協力を依頼し、自販機の横にあるごみ箱に、キャップやラベルを入れるスペースを新たに設けることなどの提案をしました。

 局長は「もっと市民のみなさんにどうPRすれば良いのか、検討していく」と答弁されました。

宇佐美さやか

神奈川区西神奈川3-2-17

TEL:045-491-6843

http://www.usami-sayaka.jp/

神奈川区版の意見広告・議会報告最新6

「防災・減災」を社会の主流に

市政報告

「防災・減災」を社会の主流に

横浜市会議員 竹内やすひろ

11月28日号

カジノ誘致を勝手に決めないで

カジノ誘致を勝手に決めないで

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

11月7日号

幼児教育・保育の無償化へ

市会レポート

幼児教育・保育の無償化へ

自民党横浜市会議員 ふじしろ哲夫

9月26日号

平和をいつまでも

市政報告

平和をいつまでも

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

8月15日号

初の県議会を終えて

県政報告

初の県議会を終えて

日本共産党神奈川県議会議員 上野たつや

7月18日号

通学路の安全対策に責任を

市政報告

通学路の安全対策に責任を

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

7月11日号

アフリカ開発会議の横浜開催

市会レポート

アフリカ開発会議の横浜開催

自民党横浜市会議員 ふじしろ哲夫

7月4日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク