神奈川区版 掲載号:2017年12月21日号 エリアトップへ

市政報告 経営者視点で審議に臨む 自民党市会議員 小松範昭

掲載号:2017年12月21日号

  • LINE
  • hatena

 今年も残りわずかとなりました。平成29年第4回定例会も12月19日に閉会しました。

予算市会について

 年明けには平成30年第1回定例会(予算市会)が、1月31日からの予算研究会で始まります。

 まず、第1日目の本会議で会期を決定します。第2日目(2月16日)に一般議案の上程・質疑・付託と予算の上程・説明、そして第3日目(2月23日)に一般議案議決と予算代表質疑、第4日目(2月27日)には予算関連質疑と予算特別委員会の設置・付託となり、その後、予算第1、予算第2特別委員会連絡審査会(総合審査)を行い、採決の後、最終日(3月24日)の本会議第5日目に予算議決をいたします。

政治は可能性の技術

 33歳の時に父が他界し、以来25年以上に亘り企業の経営者として生きてきました。「かくすればかくなることと知りながら、やむにやまれぬ大和魂」という気持ちから、政治の世界に飛び込みました。

 市会議員となり4年10カ月。その中で気付いたことは、「政治とは可能性の技術である」という先人の言葉にあるように、与えられた枠の中で、いくつかの可能性を見つけ、その中で一つの方向性を決め、次の可能性を作ることが大事だということです。政治も経営も根本的には同じであると感じました。

 財政再建が道半ばとなっている横浜市においては、貴重な財源を無駄なく有効的に次年度の予算編成にいかすために、事業活動を厳しく査定する事が重要です。私は経営者が決算内容を吟味し経営計画を立てる視点から、力を発揮したいと思っております。

親しみのもてる行政サービスを

 国会、県会、市会を問わず、議員の最大の責務は、あらゆる意味での「安全」ではないでしょうか。国家国民、県民、市民に対し、安全で安心して暮らせる環境が当然のように提供されるべきです。

 そのためには、自助・共助・公助のバランスを保ち、親しみが持てる、頼れる行政サービスが不可欠です。市民の皆様からお預かりした貴重な財源を、有効に使わせていただくよう懸命に努力してまいります。

横浜市会議員 小松範昭

横浜市神奈川区六角橋2-5-24

TEL:045-491-7515

http://komatsu-noriaki.net/

神奈川区版の意見広告・議会報告最新6

市長選、五輪|コロナ禍の懸案について

県政報告

市長選、五輪|コロナ禍の懸案について

立憲民主党 県議会議員 中村たけと

6月3日号

地域をつなぐ、新時代の商店会

特別対談

地域をつなぐ、新時代の商店会

 自民党横浜市会議員 ふじしろ哲夫

4月15日号

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

子ども達の、子ども達のために私たちができること

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

4月1日号

未来へ向けた新たなまちづくりを推進

新型コロナ感染症には迅速で的確な対応を 県政報告

未来へ向けた新たなまちづくりを推進

神奈川県議会議員 梅沢 裕之

3月25日号

市民の声を議会へ

市政報告

市民の声を議会へ

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

3月25日号

2021年、県政の2大論点!

県政報告

2021年、県政の2大論点!

立憲民主党 県議会議員 中村たけと

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter