神奈川区版 掲載号:2018年1月1日号 エリアトップへ

落語こらむ お噺のお話 十八席目「一目上がり」

掲載号:2018年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 あけましておめでとうございます。絵書家筆之輔の落語こらむ『お噺のお話』本年もよろしくお願い致します。この落語こらむも二回目のお正月を迎えました。

 という訳で十八席目は「一目上がり」。お正月にふさわしくお目出度いお噺。八五郎がご隠居の家に遊びに行くと、床の間に「雪折れ笹の掛軸」が飾ってある。こういう時は「結構な賛(サン)でございますね」と褒めてみろと教わる。次に家主の家の掛軸を見せてもらい「結構な賛でございますね」と褒めると。いいやこれは「詩(シ)だ」と言う。今度は医者の先生の家の掛軸を「良い賛だ」「良い詩だ」と褒めると。いやいやこれは「悟(ゴ)です」と言われる。八五郎は掛軸を褒めるときには一目ずつ上げるのだと思い込み…。

 各所に出てくる掛軸がみな、縁起の良い言葉や有難い教訓が書いてあるので、お目出度い噺として演じられております。

 最後はトントン落ちと言われる様にリズムも良く、演っていても楽しい噺。

 まぁ全ての掛軸の文言や意味をシッカリと覚えておかないといけないというのは大前提ですが。

 今年も方々で新しい落語会が始まります。定例の落語会も引き続き開催していきます。芸も一目上がれる様に、今年も精進して参ります。ご贔屓程よろしくお願い致します!

「お噺のお話」また次回。
 

パシフィコで家具メッセバザール

6月8日、9日に厳選された家具が集まるお得な祭典!

https://www.kanetaya.com/

<PR>

神奈川区版のコラム最新6

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る IRと横浜

「カジノなしでも人は来る」

1月16日号

お噺のお話

お噺のお話

四十二席目 「親子酒」

1月1日号

お噺のお話

落語こらむ

お噺のお話

四十一席目 「文七元結(ぶんしちもっとい)」

12月12日号

発信力強みに活用法模索

MM21街区NEWS㉑

発信力強みに活用法模索

横浜ハンマーヘッド内にスタジオ

12月5日号

バス路線「ピアライン」が誕生

MM21街区NEWS【20】

バス路線「ピアライン」が誕生

桜木町〜新港ふ頭を結ぶ

11月28日号

MMホールで結婚式はいかが

MM21街区NEWS【19】

MMホールで結婚式はいかが

限定1組の初企画

11月21日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く IRと横浜

制限型対策では不十分

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月9日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月19日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク