神奈川区版 掲載号:2018年1月18日号 エリアトップへ

神奈川区が主催する写真コンテストの小中学生部門で最優秀賞に輝いた 岩井 璃那(りな)さん 西神奈川在住 12歳

掲載号:2018年1月18日号

  • LINE
  • hatena

「楽しい」をフレームに

 ○…第9回「わが町 かながわ とっておき」写真コンテストで最優秀賞を獲得した。表題は『春らんまん』。反町公園で満開となった桜をカメラに収めた。桜の下で犬の散歩や桜を撮影する人々が写る日常の一コマだが、光線や構図を見極め、桜が鮮やかに際立つような工夫が審査員の目に止まった。「何時間も粘って撮った1枚が選ばれて嬉しい」と笑顔。作品が応募できるようになった小学1年生から7年連続で入賞を掴み、最優秀賞は3回目となる。

 〇…写真が趣味の両親に影響されて3歳の頃にデジタルカメラを手にした。旅行の先々で気に行った風景を写真に記録していく。両親と3人で同じ景色を撮ることも。「私たちの写真よりも娘の写真に『光』を感じた」と小学1年生のときに初めて朝日新聞社が主催する写真コンテストに挑戦。見事入賞を果たし、紙面に大きく掲載された。「自分で撮った写真が評価されて嬉しかった」

 〇…「その時、その一瞬をカメラに収めたい」。デジカメから一眼レフカメラに持ち替え、本格的に写真の世界へ。父親にカメラの操作を教わりながら、撮影時には何百枚も撮る。構図・光線も考え、気に入らなければ何時間でも粘り続ける姿勢で続けてきた。「写真は一枚一枚で全く違う景色となるのが楽しいところ。その中で生まれた自信ある一枚が入賞したときは、嬉しくてたまらない」とこれからも挑戦し続ける。

 〇…「皆のためになりたい」と小学生の頃から学校のまとめ役として活躍した。捜真女学校の中学部に入学してからもこの思いは変わらず、クラス会長を務めている。好きな教科は数学と英語。最初は苦手な教科だった数学も、粘って解けたときの達成感で好きになった。将来は学校の先生を目指している。「わからないことも寄り添って教えてくれると楽しくなる。私も教科の楽しさをしっかり伝えられる先生になりたい」と目を輝かせた。

神奈川区版の人物風土記最新6

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

12月9日号

瀨井 恒之さん

片倉うさぎ山公園あそび場管理運営委員会の代表を務める

瀨井 恒之さん

片倉在住 67歳

12月2日号

千葉 龍聖さん

神奈川大学2年生で「キャンドルナイト」の実行委員長を務める

千葉 龍聖さん

六角橋在学 20歳

11月25日号

萩谷 秀人さん

斎藤分南部町内会の会長を務める

萩谷 秀人さん

斎藤分町在住 40歳

11月18日号

高山 健二さん

片倉うさぎ山公園で撮影した子どもたちの写真展を初開催する

高山 健二さん

三ツ沢上町在住 72歳

11月11日号

樺澤 弘子さん

「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰を受賞した打越公園愛護会の会長

樺澤 弘子さん

新子安在住 76歳

11月4日号

あっとほーむデスク

  • 12月9日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook