神奈川区版 掲載号:2018年1月18日号 エリアトップへ

市内でインフルエンザ流行 区内も注意報基準値上回る

社会

掲載号:2018年1月18日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市内でインフルエンザが流行している。1月12日に発表された「横浜市インフルエンザ流行情報7号」によると、市内153カ所の定点医療機関から報告された2018年第1週(1月1日〜7日)の定点あたりの患者報告数は、流行注意報が発令された17年第51週(12月18日〜24日)の14・29、第52週(25日〜31日)の16・87から減少して9・56となった。

 神奈川区内も、第51週が6・60、第52週が17・33と注意報発令基準値(10)を上回り、第1週は9・00に減少した。

 今年に入って減少しているものの、横浜市衛生研究所では「年末年始は定点医療機関が休診中であることが多いため、流行の実態を正確に反映していない」とみている。

 年齢別では、第1週で10歳未満の報告が全体の4割、10歳以上15歳未満の報告が全体の1割となっており、小児の報告が約5割を占める結果となった。

 迅速診断キットの結果は、これまでA型が多く検出されていたが、B型が増加し、第1週ではA型43・7%、B型56・2%とB型が多く検出されている。 

 全市的にみると、流行ペースは昨年とほぼ同様に推移。昨シーズンは1月第3週に流行警報(基準値30)が発令されており、今後、インフルエンザの本格的な流行が予想されている。

 市の担当者は「正しい手洗いなどの予防や早期受診などの対策が重要」と注意を呼びかけている。

神奈川区版のローカルニュース最新6

「省プラ生活」アイデア発信

市資源循環局

「省プラ生活」アイデア発信 社会

SNSで企業の取り組みなど

7月2日号

渾身の1枚 一堂に

県民センターで写真展

渾身の1枚 一堂に 文化

7月2日号

ギャンブル依存症疑い18歳以上の0・8%

ギャンブル依存症疑い18歳以上の0・8% 社会

県、実態調査の結果公表

7月2日号

医師が感染症対策を講話

医師が感染症対策を講話 社会

「接触・飛沫・3密避けて」

7月2日号

「家族」描く作品募集

乳がん絵画コンクール

「家族」描く作品募集 社会

7月2日号

「新しい社会の形」追求を

コロナ社会どう生きる 県医療危機対策統括官 阿南英明医師

「新しい社会の形」追求を 社会

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日20:15更新

  • 6月2日20:30更新

  • 5月27日12:57更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク