神奈川区版 掲載号:2018年2月8日号
  • googleplus
  • LINE

「ラグビーの楽しさ知って」 元日本代表選手が出前講座

スポーツ

湯原選手とタグラグビーを楽しむ児童たち
湯原選手とタグラグビーを楽しむ児童たち
 神奈川区役所は、ラグビー日本代表の経験のある4人の選手を招き、青木小学校と幸ケ谷小学校でタグラグビーの出前講座を開いた。「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催され、準決勝・決勝の会場が横浜市の日産スタジアムになることから、子どもたちにラグビーの興味・関心を持ってもらうことが目的。講師に招かれた選手は、元日本代表の主将を務めた廣瀬俊朗さんをはじめ、大野均選手や湯原祐希選手、女子ラグビー日本代表の谷口令子選手だ。

「チームスポーツの頂点」

 青木小学校で開かれた出前講座では、小学4年〜6年生の前でトークショーを実施。各選手が自己紹介をした後、質問コーナーへ。ラグビーの楽しさを問われると、谷口選手は「ラグビーはチームスポーツの頂点であると思う。仲間と一緒に競技ができるのが楽しくて続けています」と話した。

 タグラグビーを授業で行っている小学4年生を対象に、実技指導や試合も行った。招待選手4人をはじめ、ボランティア総勢22人が児童たちとタグラグビーを楽しんだ。角野公利校長は「”本物”の選手が児童とふれあう機会がありとても嬉しく思う。視野を広げるきっかけになったと思う」と述べた。

8/24家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

神奈川区版のローカルニュース最新6件

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

年齢、障害、”枠”超える35人展

年齢、障害、”枠”超える35人展

市内在住・吉田さんら企画

8月24日~8月26日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク