神奈川区版 掲載号:2018年2月8日号 エリアトップへ

臨海部の区民利用施設が連携 2月15日から「神奈川宿場まつり」

社会

掲載号:2018年2月8日号

  • LINE
  • hatena
参加を呼び掛けるプロジェクトメンバーの一部
参加を呼び掛けるプロジェクトメンバーの一部

 神奈川区の臨海部地域でこのほど、8つの区民利用施設の連携事業が始まった。キックオフイベントとして「神奈川宿場まつり」と銘打った各施設を巡るクイズラリーが2月15日から3月15日まで開催される。

 この取り組みは、神奈川区の区民活動センターが主催する「神奈川区地域施設間連携会議」の中から発足したもの。臨海部のほか、3つのエリアで施設間連携事業を進めている。これまで各運営主体が異なる複数の施設連携はなされていなかったが、昨年10月には六角橋地域を中心とした7つの施設でプロジェクトチーム「Route7」が立ち上がり、各施設の情報を共有した7施設間の広報紙の発行に向けて準備を進めている。

8施設で共同事業

 臨海部の地域では、反町地域ケアプラザで地域交流コーディネーターを務める鮫島綾香さんを中心に結成。昨年10月から月に1度のペースで8施設の代表者が集まり、キックオフイベントの準備を行ってきた。

 鮫島さんらは、「まずは、それぞれの施設に足を運んで、どんな取り組みを行っているのか知ってほしい」と8施設を巡ってクイズに答えるイベントを企画。各施設が東海道に隣接する施設であることや知名度の高さから「神奈川宿まつり」と銘打った。

 参加者には、地図や施設概要を記したパンフレットとクイズラリーカードが手渡され、かめ太郎人形が出題するクイズに各施設で答えていく。巡る順番は自由で、全施設で解答すると、協賛企業からプレゼントやかめ太郎グッズが進呈される。

ニーズに即し実行

 クイズラリーカードには、この企画の感想や施設間で企画してほしいことなどを記入するアンケート欄も用意。鮫島さんは「初めての試みで参加者の反応も知りたい」と話し、アンケートの回答を参考にしながら、連携の在り方を探っていく方針だ。

 神奈川地区センターの鎌田一幸副館長は「一施設が主催するイベントでも日頃から情報交換を行うことで施設のキャパシティや講師の派遣などを他の施設で補完し合う関係性を築いていきたい」と意気込む。

 鮫島さんらは「まだまだこの取り組みは、始まったばかり。地域が求めていることを把握しながら、よりよい連携の在り方を構築していきたい」と話した。

 参加施設は以下の通り。▽反町駅前ふれあいサロン▽反町地域ケアプラザ▽幸ケ谷公園コミュニティハウス▽神奈川区福祉保健活動拠点▽神奈川区区民活動支援センター▽神奈川地区センター▽神奈川公会堂▽新子安地域ケアプラザ

横浜市新型コロナワクチン情報

4回目接種対象は60歳以上の方全員と18〜59歳の基礎疾患がある方等です

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-portal/

<PR>

神奈川区版のトップニュース最新6

熱中症 前年比6倍近く

神奈川区

熱中症 前年比6倍近く 社会

最速の梅雨明け影響か

7月7日号

ウクライナ支援を継続

横浜市

ウクライナ支援を継続 社会

6月補正予算 新規事業も

7月7日号

医ケア児受入の現状聞く

山中市長

医ケア児受入の現状聞く 社会

区内保育園と意見交換

6月30日号

他公共施設の5倍の利用

横浜市EV公道充電器

他公共施設の5倍の利用 社会

実験1年、月平均259回に

6月30日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月23日号

体験通じ、障がい理解

体験通じ、障がい理解 社会

有志団体が福祉職員らに

6月23日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月2日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年7月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook