神奈川区版 掲載号:2018年2月22日号 エリアトップへ

環境カウンセラーとして資源の大切さを伝える活動を続ける 大内 えりかさん 松が丘在住 69歳

掲載号:2018年2月22日号

  • LINE
  • hatena

未来の生活守るために

 ○…エコライフ研究家、そして環境カウンセラーとして資源の大切さを30年前から伝えている。神奈川県内を中心に小中学校への出前授業やワークショップで啓発活動を続けてきた。幸ケ谷小学校では、下級生から卒業する6年生へ布を再利用したコサージュ製作の指導を行っている。「資源は有限なもの。未来の人たちが安心して暮らすために、今から環境のこと、資源の大切さを伝えていく使命があると思っています」

 〇…中区の根岸に生まれた。子どもの頃から自然に囲まれるなかで過ごすことが好きだった。祖父が日本画家の横山大観に絵を習っていたこともあり、祖父の指導を受けながら、花を題材に絵を描いて過ごした。転機が訪れたのは、テレビに映された放送大学の番組で資源の枯渇や海水の上昇により人が住めなくなってしまった地球を知ったときだ。「自分にできることはないか。もっと地球環境のことを知りたくなった」

 〇…42歳のときに大学受験を迎える娘と勉強に励み、慶応大学を受験。競争率が高いなかで、藤沢市にある同大学の環境情報学部に進学した。同学部の学生は「未来から来た留学生」と呼ばれている。先進的に道を切り開いて欲しいと願いをかけた呼び名だ。卒業後は、学んできたことを糧に環境に負荷をかけない、エコな活動をあらゆる機会で発信し続けてきた。

 〇…曽祖父の加藤八郎右衛門が鶴屋町を埋め立てた縁もあり、ほど近い松が丘に夫と住む。植物に囲まれた家には再利用した材料で製作したものが広がる。「着なくなったスカートをバックにしたの」と笑顔で披露。最近は近所に住む友人たちも招き、得意な料理を振る舞いながら、エコグッズの創作活動を楽しんでいる。子どもたちから出前授業後に贈られる感想カードを読むことが楽しみ。「小学生でも資源の大切さを考えてくれる子がたくさんいることが嬉しい。未来のためにこれからも発信し続けたい」

神奈川区版の人物風土記最新6

川越 理絵さん

菅田小学校のPTA会長で、50周年実行委員長を務める

川越 理絵さん

菅田町在住 40歳

12月3日号

多賀谷 彰さん

コロナ禍の経営難を乗り越えようと、学童とタッグを組んだ勢 鴨居店の店長

多賀谷 彰さん

市内在勤 51歳

11月26日号

桜井 大地さん

神奈川大学学生ボランティア活動支援室の代表で、まち×学生プロジェクトでも活躍する

桜井 大地さん

六角橋在住 21歳

11月19日号

島崎 和久さん

羽沢小学校PTA会長で、50周年実行委員長を務める

島崎 和久さん

羽沢町在住 49歳

11月12日号

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

青葉区在住 62歳

11月5日号

白石 洋子さん

記念事業実行委員長として、西寺尾小学校の創立70周年記念式典の企画運営を務める

白石 洋子さん

神之木台在住 50歳

10月29日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク